MSD株式会社、D&I Award最上位の「Best Workplace for Diversity & Inclusion」に3年連続で認定

Save Print

December 13, 2023 15:00 Asia/Tokyo

報道関係各位

MSD株式会社

MSD株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:カイル・タトル、以下 MSD)は、本日、株式会社JobRainbowのD&I Award1 の大企業部門において、3年連続で最上位の「Best Workplace for Diversity & Inclusion」に認定されたことをお知らせします。

今回の認定は、MSDが日本国内だけでなく世界的にも高い水準でDE&Iの推進に取り組んでいる先進的な会社であること、DE&Iの企業文化を醸成し社員一人ひとりが推進の担い手として積極的に活動していること、DE&Iの理念がサービスや事業、企業組織のあらゆる側面に反映されており社外にも良い影響を与えていることなどが評価されたものです。

MSDでは、社員が持つあらゆる違いを強みの源泉ととらえており、社員一人ひとりが自分らしく力を発揮できるよう、年齢、性別、国籍、障害の有無、性的指向、性自認にとどまらず、多様な背景や価値観を持つ人財が集まるチームづくりを積極的に行うなどして、ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョンの推進に力を入れています。

これまでMSDが行ってきた主な取り組みは以下のとおりです。

  1. MSDダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン宣言(DE&I宣言)」を策定し、個々の社員のあらゆる違いを尊重する方針を明文化しています。
  2. 部門を超えて共通のテーマ(世代、ジェンダー、LGBTQ、障害者支援、育児/介護、ボランティア、がんピアサポート)について話し合えるよう、多くの社員ネットワークが組織され、積極的に活動しています。これらに加えて、MSDがより良い職場となるように特定のテーマにとどまらず、社員エンゲージメント向上を目指して「カルチャーアンバサダー」が活動しています。
  3. コロナ禍以前から取得事由・取得日数・勤務場所不問のテレワーク制度や、裁量労働制度を導入し、また最近では対面のコラボレーションとリモートワークの最適な組み合わせで成果を最大化するハイブリッドワーキングモデルを導入し、柔軟な働き方を促進しています。
  4. 既存の生理休暇をエクイティ休暇と名称変更し、月3日まで有給で取得することができます。
  5. 女性活躍推進に関する取り組みを積極的に行い「えるぼし認定」の最高位の3つ星を取得しました。
  6. 仕事と育児の両立を目的に、育児休業のうち最長通算3ヵ月(60営業日)を有給で取得できる制度を設けています。
  7. 同性パートナーや事実婚パートナーを人事規程上の配偶者とみなし、手当・休暇など各種福利厚生が適用される制度を設けています。また、婚姻の平等(同性婚の法制化)に賛同する社外キャンペーンへの参加や、東京レインボープライドへの協賛を行ってきています。これらの取り組みが認められ5年連続PRIDE指標ゴールドを受賞しました。

1 D&I Awardについて

株式会社JobRainbowの、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)に取り組む企業を認定する
アワードです。JobRainbowが策定した企業の多様性推進を可視化する「ダイバーシティスコア」という指標
に基づいて評価され、「ダイバーシティスコア」には、「LGBT」「ジェンダーギャップ」「障害」「多文化共 生」「育児/介護」の5つの項目が含まれます。詳細はこちらをご参照ください。

MSDはこれからも、DE&Iの推進を通じて社員と企業が成長し、人々に革新的な医薬品とワクチンを提供できるよう努めてまいります。                                                                                

以上

D&I Award

MSDについて

MSD(Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA.が米国とカナダ以外の国と地域で事業を行う際に使用している名称)は、最先端のサイエンスを駆使して、世界中の人々の生命を救い、生活を改善するというパーパスのもとに結束しています。130年以上にわたり、重要な医薬品やワクチンの発見を通して人類に希望をもたらしてきました。私たちは、世界トップクラスの研究開発型バイオ医薬品企業を目指し、人類や動物の疾患予防や治療に寄与する革新的なヘルスケア・ソリューションを提供するために、研究開発の最前線で活動しています。私たちは、多様かつ包括的な職場環境を醸成し、世界中の人々と地域社会に、安全で持続可能かつ健康な未来をもたらすため、責任ある経営を日々続けています。MSDの詳細については、弊社ウェブサイト(www.msd.co.jp)やFacebookTwitterYouTubeをご参照ください。