ニュースリリース

ニュース2020年

  • 全て表示
  • コーポレート
  • 製品
  • 米国本社


2020年6月30日
米国本社
開発中の15価肺炎球菌結合型ワクチンV114、成人を対象とした第3相試験において安全性および免疫原性の目標を達成
広範な第3相臨床プログラムのPNEU-WAY(V114-018)試験およびPNEU-FLU(V114-021)試験
規制当局への承認申請を計画
2020年6月29日
製品
経口のグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)アナログ製剤「リベルサス®錠」〔一般名:セマグルチド(遺伝子組換え)〕、2型糖尿病治療薬として国内での製造販売承認取得のお知らせ
2020年6月25日
米国本社
KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)、がん種横断的に共通する
バイオマーカーに基づく適応についてFDAの承認を取得
前治療後に進行し、他に十分な治療選択肢のない腫瘍遺伝子変異量高値(TMB-High、FDAに承認された検査において10mut/Mb以上)の切除不能または転移を有する固形がんの成人および小児患者に対するKEYTRUDA®単独療法として承認
TMB-Highの固形がんに対して承認された、初の免疫チェックポイント阻害剤
2020年6月23日
米国本社
特定のHPV関連頭頸部がん予防に対するGARDASIL 9の適応をFDAが承認
これによりGARDASIL®9(組換え沈降9価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン)の適応は
HPVに関連する子宮頸がん、腟がん、外陰がん、肛門がん、
中咽頭がんおよびその他の頭頸部がんの予防となる
2020年6月18日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、
進行性または転移を有する尿路上皮がんに対するKEYTRUDA®
単独療法および化学療法との併用療法を検討する
第3相KEYNOTE-361試験の最新データを報告
2020年6月5日
米国本社
KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)、
高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)の結腸・直腸がんにおいて標準化学療法に対する優越性が認められる
KEYTRUDA®の単独療法は化学療法と比較して疾患進行または死亡のリスクを40%低減、無増悪生存期間の中央値は2倍以上に延長
第3相KEYNOTE-177試験は、MSI-Highの結腸・直腸がんの一次治療としての抗PD−1抗体の単独療法について、化学療法との直接比較で良好な結果が認められた初めての試験
2020年6月1日
コーポレート
人事のお知らせ
2020年5月29日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、新規抗ウイルス薬候補EIDD-2801の開発でRidgeback Bioと提携
新型コロナウイルス感染症治療薬としてEIDD-2801の臨床試験を実施中
2020年5月29日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、新型コロナウイルスワクチンの開発でIAVIと提携
双方の専門性と手腕を活かしrVSV技術を活用して新規ワクチン候補の開発を進める新たな協力体制を構築
2020年5月29日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、Themisを買収へ
業界をリードする当社のワクチン開発力をThemisとInstitut Pasteurによる新型コロナウイルスワクチンのプログラムに活用
2020年5月29日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、新型コロナウイルス感染症に対する複数の科学的な取り組みを発表
2020年5月25日
米国本社
古典的ホジキンリンパ腫(cHL)に対する治療においてKEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)が標準治療のブレンツキシマブ ベドチン(BV)との直接比較第3相試験で優位性を示す
抗PD-1抗体について第3相KEYNOTE-204試験で初めて再発または難治性のcHLに対する良好な結果が認められる
KEYTRUDA®の単独療法ではBVと比較して疾患進行または死亡リスクが35%低減
2020年5月22日
米国本社
KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)と化学療法との併用療法が特定の転移性トリプルネガティブ乳がん(TNBC)患者において化学療法と比較して無増悪生存期間を統計学的に有意に延長
第3相試験でPD-L1陽性(CPS≧10)の転移性TNBC患者に対する初回治療においてKEYTRUDA®と化学療法の併用療法が化学療法単独と比較して疾患進行または死亡のリスクを35%低減
2020年5月19日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.
2020年度第1四半期決算発表
2020年5月18日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、新型コロナウイルス感染症対策に、1,000万ドルの追加支援を発表
患者さんやコミュニティーにより様々な状況の解消を支援
#GivingTuesdayNowの一環としての新たな取り組み
これまでに新型コロナウイルス感染症対策支援のため総額3,000万ドル以上の提供を決定
2020年5月15日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.
RECARBRIO™(レレバクタム+イミペネム/シラスタチン)の、細菌性の院内肺炎および人工呼吸器関連肺炎(HABP/VABP)の成人患者に対する有効性と安全性をタゾバクタム/ピペラシリンと比較した第3相試験の結果を公表
HABP/VABP患者を対象としたRECARBRIO™の適応追加申請(sNDA)を米国食品医薬品局(FDA)が2020年2月に受理
2020年5月14日
米国本社
FDA、KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)について現在承認されているすべての成人の適応症に対する6週間ごとの400 mg投与を新たな推奨用量として承認
2020年5月13日
コーポレート
オンライン医学事典MSDマニュアルの『家庭版』及び『プロフェッショナル版』をリニューアル
モバイルデバイスでもさらに見やすく、COVID-19情報ポータルページも緊急開設
~ すべての人に、正しい医学情報を ~
2020年4月24日
製品
新規の深在性真菌症治療剤「ノクサフィル®錠100mg」新発売のお知らせ
2020年4月22日
米国本社
KOSELUGO®(セルメチニブ)、 症候性・手術不能な叢状神経線維腫を有する2歳以上の小児の神経線維腫症I型の適応症でFDAの承認を取得
希少かつ難治性の疾患を対象に承認された初の治療薬
2020年4月15日
米国本社
KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)、がん種横断的に共通するバイオマーカーに基づく2件目の適応の申請についてFDAの優先審査指定を取得
前治療後に進行した、腫瘍遺伝子変異量高値(TMB-High)の患者に対するKEYTRUDA®単独療法の生物学的製剤承認一部変更申請(sBLA)をFDAが受理
2020年4月9日
米国本社
マイクロサテライト不安定性(MSI-High)またはミスマッチ修復機能欠損(dMMR)の進行大腸がんの初回治療においてKEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)が無増悪生存期間を有意に延長
MSI-HighまたはdMMRの大腸がんの初回治療において抗がん剤単剤を標準化学療法と直接比較する初の第3相試験
KEYNOTE−177試験のデータを世界の規制当局や今後の医学学会で提供
2020年4月8日
製品
MSD、医療関係者向け情報サイトでAIチャットボットを搭載
「AskMSDTM」として運用開始
― オンコロジー領域からスタート、他の疾患領域にも導入予定 ―
2020年4月6日
コーポレート
MSD、2021年上半期に分社化予定の新会社を設立
日本における社名を「オルガノン株式会社」と発表
2020年4月6日
コーポレート
MSDが川崎市と多言語での医療情報提供における連携協定を締結
11言語で展開している医学事典「MSDマニュアル」を活用し、川崎市の在住・訪日外国人への多言語での医療情報の提供に貢献
2020年3月26日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、難治性または原因不明の慢性咳嗽の治療薬として開発中のgefapixantの第3相試験の主な結果を公表
第3相試験において、gefapixant(45 mgを1日2回)群では、プラセボ群と比較して、12週時および24週時における24時間の咳嗽頻度(1時間あたりの咳嗽回数)が統計学的に有意に低下
2020年3月18日
コーポレート
働くひとの眠り方改革「BizSleep PROJECT」
「ビジネスパーソン向けの睡眠改善」と「人事・総務ご担当者向けの企業の睡眠対策」の二つの新Webサイトをオープン
2020年3月12日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(MSD)
計画中の分社化において、新会社名をOrganon & Co.と発表
2020年3月11日
米国本社
再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫(cHL)に対する治療においてKEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)がブレンツキシマブ ベドチンと比較して無増悪生存期間を有意に延長
第3相KEYNOTE-204試験のデータを今後医学学会で発表予定のほか、規制当局に提出
2020年3月2日
コーポレート
人事のお知らせ
2020年2月21日
コーポレート
MSD、第5回「企業ボランティア・アワード」で大賞を受賞
社員ネットワーク主導のボランティア活動が評価
2020年2月21日
米国本社
転移性トリプルネガティブ乳がん(mTNBC)に対する初回治療においてKEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)と化学療法との併用療法が主要評価項目の無増悪生存期間(PFS)を延長
第3相KEYNOTE-355試験でPD-L1陽性(CPS≧10)のmTNBC患者に対するKEYTRUDA®と化学療法の併用療法が、化学療法単独と比較してPFSを有意に改善
データは今後の医学学会で発表予定のほか、規制当局と協議
2020年2月18日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.
2019年度第4四半期および通期決算発表
2020年2月17日
製品
HIV-1感染症治療薬として、新規の非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(NNRTI)「ピフェルトロ®錠100mg」新発売
2020年2月6日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(MSD)、婦人科(ウィメンズ・ヘルス)領域、長期ブランド製品、バイオシミラーのフランチャイズを分社化し新会社を設立
MSDは主要成長分野に集中
新会社はウィメンズ・ヘルス領域のリーディングカンパニーを目指す
2020年、MSDの総収入のうち約65億ドルを見込む
2020年2月3日
製品
2型糖尿病治療薬「マリゼブ®」の販売移管に関するお知らせ
2020年1月23日
製品
新規の深在性真菌症治療剤「ノクサフィル®錠100mg、ノクサフィル®点滴静注300mg」の製造販売承認を取得
2020年1月21日
米国本社
KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)は、乳頭状腫瘍を随伴するまたは随伴しない、上皮内がん(CIS)を有する、BCG療法不応性の高リスク筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)における根治的膀胱全摘除術が不適格または根治的膀胱全摘除術を希望しない患者さんの治療薬としてFDAの承認を取得
高リスク筋層非浸潤性膀胱がんの患者さんに対する抗PD-1抗体として初の承認
2020年1月15日
米国本社
KEYTRUDA®(ペムブロリズマブ)、
進展型小細胞肺がんの初回治療において化学療法との併用療法が化学療法単独と比較して無増悪生存期間を有意に改善
第3相KEYNOTE-604試験のもう一つの主要評価項目である全生存期間は統計学的には有意な改善を認めずデータは今後の医学学会で発表予定
2020年1月14日
製品
HIV-1感染患者に対する治療薬として、新規の非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(NNRTI)「ピフェルトロ®錠100mg」の製造販売承認を取得
2020年1月10日
米国本社
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.
大鵬薬品、アステックス社とオンコロジー領域で戦略的提携
2020年1月6日
コーポレート
MSD株式会社、アジャイル組織発足
急速に変化する医療環境の中で、患者さんや顧客に最大の価値を提供
2020年1月6日
コーポレート
人事のお知らせ