MSD、子宮頸がん予防啓発活動 『娘とはじめる子宮頸がん予防。』をオンラインで展開

Save Print

December 14, 2021 00:00 Asia/Tokyo

報道関係各位

MSD株式会社

MSD株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:カイル・タトル、以下MSD)は、子宮頸がん予防啓発活動の一環として、10代の娘さんを持つ保護者の方に対して子宮頸がん予防の重要性を知っていただくことを目的に、『娘とはじめる子宮頸がん予防。』『10代からの、子宮頸がん予防。』をテーマにオンラインを通じた啓発活動を2021年12月14日(火)から展開いたします。

 

オンライン啓発活動イメージ
※画像は実際とは異なる場合があります。

 

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部にできるがんで、日本では、毎年1万人以上が新たに子宮頸がんと診断され、年間約2,900人が亡くなっています1。子宮頸がんの原因の90%以上がヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によるものといわれています2。子宮頸がんは、早期に発見できれば、命や子宮を守ることのできる病気ですが、就労や結婚、出産、子育てなど、女性にとって大きなライフイベントを迎える時期での発症率が高いため、10代からのHPVワクチン接種による予防と、20歳からは定期的な子宮頸がん検診(2年に1回)を受け早期発見につなげることが非常に重要です。

1 国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん登録/厚生労働省人口動態統計)全国がん罹患データ(2016年~2018年)/全国がん死亡データ(1958年~2019年)

2 厚生労働省 HPVワクチンQ&A

この度の啓発活動には、「女性の生涯の心身と社会的なウェルビーイングを支援する」ことをテーマに掲げて活動されている、一般財団法人 日本女性財団の代表理事で産婦人科医の対馬ルリ子先生にご協力いただいています。子宮頸がん予防の重要性とその方法を発信することで、10代の娘さんを持つ保護者の方をはじめ、より多くの女性や一般の方に正確な情報を知っていただく機会を提供したいと考えております。

また、MSDは、子宮頸がん予防情報サイト「もっと守ろう.jp」(https://www.shikyukeigan-yobo.jp/)でも、疾患の原因、予防、治療などの情報提供を行っています。今後も、日本でもHPV関連疾患の予防が進み、子宮頸がんなどで苦しむ患者さんを一人でも減らせるよう、関連する情報の提供活動に努めてまいります。

以上

 

MSDについて

MSD(Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が米国とカナダ以外の国と地域で事業を行う際に使用している名称)は、130年にわたり、人々の生命を救い、人生を健やかにするというミッションのもと、世界で最も治療が困難な病気のために、革新的な医薬品やワクチンの発見、開発、提供に挑みつづけてきました。MSDはまた、多岐にわたる政策やプログラム、パートナーシップを通じて、患者さんの医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。私たちは、今日、がん、HIVやエボラといった感染症、そして新たな動物の疾病など、人類や動物を脅かしている病気の予防や治療のために、研究開発の最前線に立ち続けています。MSDは世界最高の研究開発型バイオ医薬品企業を目指しています。MSDの詳細については、弊社ウェブサイト(www.msd.co.jp)や Facebook 、 Twitter 、 YouTubeをご参照ください。