奨学寄付(学術研究支援)

奨学寄付(学術研究支援)の受付は2020年度をもって終了いたしました。

MSDは、人々の生命を救い、人生を健やかにするために、これからも、革新的な新薬とワクチンの発見、開発、提供に挑みつづけ、日本の医療に貢献してまいります。

現在、2020年度の結果報告を受付中です。
2021年3月9日に寄付申請いただいたアカウントID(メールアドレス)宛に結果報告に関するご案内を送信いたしました。
ご確認の上、ご対応をお願いいたします。

結果報告

申請システム内マイページの「未提出の結果報告」から該当する申請を選択し、「結果報告」から各項目を入力した上で送信してください。提出期限はメールにてお知らせします。

※結果報告について
公正競争規約運用基準に基づき、寄付の趣旨(学術研究の目的)が達成されたかどうかを確認するため、研究結果のご報告をお願いしています。当報告は研究内容の詳細なご報告をお願いするものではありません。

※寄付金の使用期限について
2020年度奨学寄付(学術研究支援)は、研究機関への振込日を問わず2021年3月31日までにご使用ください。

<ご参考>2020年度申請時にご確認いただいた留意事項等

ご留意いただきたい事項

申請内容の秘密保持

申請に際し提供いただいた情報は、寄付の可否に関する検討および連絡ならびに寄付の実施の目的のためにのみ利用し、寄付の可否検討に関わる外部専門家、当社の親会社であるMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.およびその関連会社ならびに申請システムの運用およびメンテナンスを担当するCyberGrants社を除き、第三者に開示しません。なお、当該外部専門家、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.およびその関連会社ならびにCyberGrants社においても同様に取り扱うものとし、その取り扱いに関しては当社が責任を負います。

個人情報の取り扱い

MSD株式会社は、申請システム内に登録していただく個人情報(お名前・電話番号・Eメールアドレス等)を、当社の規程に従い慎重に取り扱うとともに安全に管理します。また、当該個人情報は、寄付申請の受領、申請内容の確認および検討結果に関する連絡、寄付実施の可否の検討その他寄付実施に必要な手続等の実施の目的で利用します。
取り扱い責任者: MSD株式会社 コントリビューショングループ ディレクター 井上 充
その他個人情報の取り扱いに関する詳細についてはこちらをご参照ください。

申請に際して同意いただきたい事項

  • 寄付の申請に対しては、ご要望に応じられない場合があります。
  • 申請システム内「寄付実施にあたってのお願い」に記す内容への同意をお願いしています。
    同意いただけない場合は申請できません。なお、寄付申込書には「寄付実施にあたってのお願い」で同意いただいた事項の一部ならびに研究代表者、教室代表者名、研究タイトル等を記載いたします。
  • 1教室より2件以上の申請がなされた場合、先に申請された1件が審査の対象となります。
  • 検討結果の連絡には時間を要することがあります。
  • 検討結果に関するお問い合わせには、一切お答えできません。
  • 申請受付から寄付実施までの間に研究代表者が申請時に所属していた施設を退職された場合には、申請をキャンセルとさせていただきます。
  • 寄付は、研究機関への振込日を問わず2021年3月31日までにご使用ください。

よくあるご質問

奨学寄付(学術研究支援)の結果報告についてご不明な点がありましたら、こちらからお問い合わせください。

※申請システムの使用方法や、結果報告の入力方法に関するお問い合わせにつきましては、申請システム内の「サポートが必要な方」から連絡をお願いします。

「申請システム」ボタンを押すと、MSDウェブサイトから申請システムサイトへ移行します。申請システムの運用およびメンテナンスはCyberGrants社に委託していますが、寄付申請に関わる管理・運営はMSD株式会社が行っています。

※2020年度奨学寄付(学術研究支援)の結果報告は、下の「申請システム」ボタンからお願いします。

申請システム

推奨するPC環境は以下の通りです。

  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Microsoft Edge (安定最新版)
  • Mozilla Firefox (Current Version)(安定最新版)
  • Apple Safari (Current Version)(安定最新版)
  • Google Chrome(安定最新版)

※推奨ウェブブラウザ以外でのご利用や、推奨ウェブブラウザでもご利用者の設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合があります。