生命科学における人材育成

生命科学における人材育成

つぎの“革新”を創り出していくために、科学者や研究者の育成支援にも継続的に取り組んでいます。

革新的な医薬品およびワクチンの開発には、最先端の科学が不可欠です。つぎの“革新”を創り続けていくために、そして、日本における科学・医学の発展に貢献していくために、次世代の科学者や研究者の育成支援にも継続的に取り組んでいます。

サイエンス・スクール

サイエンス・スクール

未来の新薬は、きっと、子どもたちの夢から生まれる。MSDでは、小学校での体験学習「サイエンス・スクール」を通じて、未来を担う子どもたちに科学の楽しさを伝えています。「いのちと健康」をテーマに、パイオニアである科学者たちが病気の原因をどのようにつきとめ、薬や治療法を発見したかを学び、子どもたちと一緒に軟膏作りに挑戦します 。

公益財団法人MSD生命科学財団

公益財団法人MSD生命科学財団

人類の健康・疾病に関する生命科学分野の研究奨励と人財育成を目指し、2002年に万有生命科学振興国際交流財団を設立いたしました。医学・薬学分野で次世代を担う若手研究者への研究助成や留学支援、シンポジウムの開催など学術振興のための積極的な取り組みを行っています。

※2016年10月1日付で「公益財団法人万有生命科学振興国際交流財団」から
 「公益財団法人MSD生命科学財団」に名称を変更いたしました

 
 

共益の創造への取り組み

共益の創造への取り組み

事業活動での強みを活かして医療課題の解決と事業の発展をめざします。

MSDの社会への取り組み

主なCSR活動を、3分20秒の映像でご紹介します。

MSDの社会への取り組み