2020年

2020年

 

2020年5月29日

報道関係各位

MSD株式会社

 

この参考資料は、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が、2020年5月26日(米国東部時間)に発表したニュースリリースIAVI and Merck Collaborate to Develop Vaccine Against SARS-CoV-2 (https://www.mrknewsroom.com/news-release/research-and-development-news/iavi-and-merck-collaborate-develop-vaccine-against-sars-c) の日本語訳であり、内容や解釈については英語が優先されます。


参考資料

Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、
新型コロナウイルスワクチンの開発でIAVIと提携

双方の専門性と手腕を活かしrVSV技術を活用して
新規ワクチン候補の開発を進める新たな協力体制を構築



2020年5月26日:ニュージャージー州ケニルワース―Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)と、喫緊のグローバルヘルスのアンメットニーズに対応することを専門とする非営利科学研究組織のIAVIは本日、COVID-19の予防に向けたSARS-CoV-2ワクチンの開発における新たな提携を発表しました。

このワクチン候補は、組換え水疱性口内炎ウイルス(rVSV)のテクノロジーを使用しますが、これはヒトでの使用が承認された最初のrVSVワクチンであった当社のエボラザイールウイルスワクチンERVEBO®(エボラザイールワクチン:生ワクチン)のベースとなったものです。また当社は、米国保健福祉省の事前準備対応次官補局(Assistant Secretary for Preparedness and Response、ASPR)内に設置されている生物医学先端研究開発局(Biomedical Advanced Research and Development Authority、BARDA)と、この取り組みの初期資金の助成を受ける契約を締結しました。

当社とIAVIは契約に基づき協力して、IAVIの研究者によって設計された新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のワクチン候補の開発と国際臨床試験を進めます。このワクチン候補は現在、前臨床開発の段階で、臨床試験は2020年後半の開始を予定しています。当社は世界各国で承認申請を行ってまいります。当社とIAVIは協力してワクチンを開発し、承認後はアクセスしやすく購入しやすい価格で世界的に提供します。

当社研究開発部門責任者のRoger M. Perlmutter博士は、「新型コロナウイルス感染症は科学、医療、グローバルヘルスの大きな課題です。当社は世界中の組織と連携して新型コロナウイルス感染の負担を軽減する感染症治療薬やワクチンを開発しています。当社とIAVIの力を結集してrVSVワクチン候補の開発を進め、新型コロナウイルス感染症の拡大の抑制を目指します」と述べています。

IAVIのプレジデント兼CEOのMark Feinberg博士は、「rVSVをベースとするワクチン開発戦略は新型コロナウイルスの流行を食い止める有望なアプローチであると考えており、連携して新型コロナウイルスのワクチン候補を評価する開発プログラムを速やかに進めていきたいと思います。この連携は、双方の能力を補完的に活用して相乗効果を発揮し、この困難なグローバルヘルスの課題に対応する、革新的な連携のモデル、アプローチとなります」と述べています。

BARDAのディレクター代理であるGary Disbrow博士は、「安全で効果的なワクチンにより、今後の新型コロナウイルスの流行を防ぐことができます。ワクチン開発を進め、命を救うために民間セクターが積極的に連携することを心強く感じます」と述べています。

当社は感染症やワクチンにおけるグローバルリーダーとして数十年にわたり小児、思春期、成人向けのワクチンの研究、開発、製造、提供に携わってきました。新型コロナウイルス感染症が流行する中、当社は社員とその家族の安全を守り、患者さんや顧客に医薬品やワクチンを確実に届け、当社のサイエンスの専門性を活かして抗ウイルス薬やワクチンの開発に貢献し、医療従事者やコミュニティを支援することに注力しています。詳しくは www.merck.com/COVID-19をご覧ください。

新型コロナウイルスのワクチン候補を含め、IAVIのrVSVワクチンの前臨床試験は現在、IAVIの研究者により、ニューヨークのブルックリンにあるDesign and Development Laboratory(DDL)で実施されています。このプログラムはHIVの他、ラッサ熱、マールブルグ病、エボラ・スーダン病などの新興感染症に対するrVSVワクチンの開発の長年にわたる取り組みの一環であり、IAVIの新興感染症・サイエンス戦略担当責任者のSwati Gupta博士が統括しています。


rVSVワクチンプラットフォームについて
組換え水疱性口内炎ウイルス(rVSV)ワクチンプラットフォームには、免疫応答を刺激するタンパク質を発現するよう改変された一般的な動物ウイルスである水疱性口内炎ウイルスの弱毒株を用います。当社とIAVIは、当社のrVSVベースのエボラザイールワクチンの開発の過程でこのプラットフォームで得た経験を活用します。


IAVIについて
IAVIは、HIVや結核など喫緊のグローバルヘルスのアンメットニーズに対応することを専門とする非営利科学研究組織です。科学的発見を低価格で世界的にアクセス可能な公衆衛生ソリューションに結びつけていくことを使命としています。詳しくは、iavi.orgをご覧ください。


Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.について
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は125年以上にわたり、人々の生命を救い、人生を健やかにするというミッションのもと、世界で最も治療が困難な病気のために、革新的な医薬品やワクチンの発見、開発、提供に挑みつづけてきました。また、多岐にわたる政策やプログラム、パートナーシップを通じて、患者さんの医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。私たちは、今日、がん、HIVやエボラといった感染症、そして新たな動物の疾病など、人類や動物を脅かしている病気の予防や治療のために、研究開発の最前線に立ち続け、世界最高の研究開発型バイオ医薬品企業を目指しています。詳細については当社ウェブサイトTwitterFacebookInstagramYouTubeLinkedlnをご参照ください。


Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.の将来に関する記述
このニュースリリースには、米国の1995年私的証券訴訟改革法(the Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の免責条項で定義された「将来に関する記述」が含まれています。これらの記述は、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.の経営陣の現時点での信条と期待に基づくもので、相当のリスクと不確実性が含まれています。新薬パイプラインに対する承認取得またはその製品化による収益を保証するものではありません。予測が正確性に欠けていた場合またはリスクもしくは不確実性が現実化した場合、実際の成果が、将来に関する記述で述べたものと異なる場合も生じます。

リスクと不確実性には、業界の一般的な状況および競争環境、金利および為替レートの変動などの一般的な経済要因、昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行の影響、医薬品業界の規制やヘルスケア関連の米国法および国際法が及ぼす影響、ヘルスケア費用抑制の世界的な傾向、競合他社による技術的進歩や新製品開発および特許取得、承認申請などの新薬開発特有の問題、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.による将来の市況予測の正確性、製造上の問題または遅延、国際経済および政府の信用リスクなどの金融不安、画期的製品に対するMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.の特許権やその他の保護の有効性への依存、特許訴訟や規制措置の対象となる可能性等がありますが、これらに限定されるものではありません。

Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.は、新たな情報、新たな出来事、その他いかなる状況が加わった場合でも、将来に関する記述の更新を行う義務は負いません。将来に関する記述の記載と大きく異なる成果を招くおそれがあるこの他の要因については、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.に関するForm 10-Kの2019年度年次報告書および米国証券取引委員会(SEC)のインターネットサイト(www.sec.gov)で入手できるSECに対するその他の書類で確認できます。


# # #


MSDについて
MSD(Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が米国とカナダ以外の国と地域で事業を行う際に使用している名称)は、125年以上にわたり、人々の生命を救い、人生を健やかにするというミッションのもと、世界で最も治療が困難な病気のために、革新的な医薬品やワクチンの発見、開発、提供に挑みつづけてきました。MSDはまた、多岐にわたる政策やプログラム、パートナーシップを通じて、患者さんの医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。私たちは、今日、がん、HIVやエボラといった感染症、そして新たな動物の疾病など、人類や動物を脅かしている病気の予防や治療のために、研究開発の最前線に立ち続けています。MSDは世界最高の研究開発型バイオ医薬品企業を目指しています。MSDの詳細については、弊社ウェブサイト(www.msd.co.jp)やFacebookTwitter YouTubeをご参照ください。