2020年

2020年

 

2020年5月29日

報道関係各位

MSD株式会社

 

この参考資料は、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が、2020年5月26日(米国東部時間)に発表したニュースリリースMerck to Announce Multiple Scientific Efforts to Combat COVID-19 (https://www.mrknewsroom.com/news-release/research-and-development-news/merck-announce-multiple-scientific-efforts-combat-covid-1) の日本語訳であり、内容や解釈については英語が優先されます。


参考資料


Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.、
新型コロナウイルス感染症に対する複数の科学的な取り組みを発表


2020年5月26日:ニュージャージー州ケニルワース―Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は本日、新型コロナウイルス感染症に対する3件の重要な科学的な取り組みを発表します。新型コロナウイルスに対するワクチンの開発に関する2件の契約と、新規抗ウイルス薬候補の開発を進めるための1件の研究提携です。本日の発表の内容は以下のとおりです。

  • 新型コロナウイルス感染症を含む感染症に対するワクチンや免疫修飾療法を専門とするThemis Bioscience社の買収
  • 新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの開発に関するIAVIとの提携
  • 新型コロナウイルス感染症に対する経口抗ウイルス薬候補EIDD-2801の開発でRidgeback Bio社との提携

会長兼最高経営責任者(CEO)ケネス・C・フレージャーは、次のように述べています。「当社はワクチンや感染症治療薬において卓越した歴史と専門性があり、このパンデミックを終息させるための新たな治療薬やワクチンを模索する科学界の取り組みに携わる責任があります。当社は新型コロナウイルス感染症が初めて確認された当初から、効果的な対策の開発に全力で取り組んでおり、これを成功させるためには国や企業などとの国際的な協力が必要であると考えています。今日、この世界的な課題に対する非常に有力ないくつかの解決策を特定し、この取り組みを加速するために当社のリソースを活用していくための迅速、誠実かつ協調的な活動が開花したことを誇りに思います。これらすべてのプログラムに必要なリソースを確保し注力することで、新型コロナウイルス感染症に対応します。」

「新型コロナウイルス感染症は世界的な課題であり、世界的なソリューションが必要です。このパンデミックへの対応として当社が開発するワクチンや治療薬は、広くアクセスが可能で求めやすい価格で世界中に提供したいと考えており、可能な限り速やかにこの目標を達成できるよう取り組んでいます。当社のエボラワクチンでも示されているとおり、新しい困難な課題に対処するために世界が一丸となる必要がある時には、当社は確実にその役割を果たします。このパンデミックへの挑戦は計り知れないものがありますが、これまでもそうであったように、サイエンスと連携によりこれに打ち勝てることを知っています。この闘いに、いつ勝利できるのかは分かりませんが、サイエンスが私たちの味方であること、協力体制がすでに整っていることは心強く、一丸となって打ち勝つことができると信じています。」


Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.について
Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は125年以上にわたり、人々の生命を救い、人生を健やかにするというミッションのもと、世界で最も治療が困難な病気のために、革新的な医薬品やワクチンの発見、開発、提供に挑みつづけてきました。また、多岐にわたる政策やプログラム、パートナーシップを通じて、患者さんの医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。私たちは、今日、がん、HIVやエボラといった感染症、そして新たな動物の疾病など、人類や動物を脅かしている病気の予防や治療のために、研究開発の最前線に立ち続け、世界最高の研究開発型バイオ医薬品企業を目指しています。詳細については、 当社ウェブサイトTwitterFacebookInstagramYouTubeLinkedInをご参照ください。


Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.の将来に関する記述
このニュースリリースには、米国の1995年私的証券訴訟改革法(the Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の免責条項で定義された「将来に関する記述」が含まれています。これらの記述は、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.の経営陣の現時点での信条と期待に基づくもので、相当のリスクと不確実性が含まれています。新薬パイプラインに対する承認取得またはその製品化による収益を保証するものではありません。予測が正確性に欠けていた場合またはリスクもしくは不確実性が現実化した場合、実際の成果が、将来に関する記述で述べたものと異なる場合も生じます。

リスクと不確実性には、業界の一般的な状況および競争環境、金利および為替レートの変動などの一般的な経済要因、昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行の影響、医薬品業界の規制やヘルスケア関連の米国法および国際法が及ぼす影響、ヘルスケア費用抑制の世界的な傾向、競合他社による技術的進歩や新製品開発および特許取得、承認申請などの新薬開発特有の問題、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.による将来の市況予測の正確性、製造上の問題または遅延、国際経済および政府の信用リスクなどの金融不安、画期的製品に対するMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.の特許権やその他の保護の有効性への依存、特許訴訟や規制措置の対象となる可能性等がありますが、これらに限定されるものではありません。

Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.は、新たな情報、新たな出来事、その他いかなる状況が加わった場合でも、将来に関する記述の更新を行う義務は負いません。将来に関する記述の記載と大きく異なる成果を招くおそれがあるこの他の要因については、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.に関するForm 10-Kの2019年度年次報告書および米国証券取引委員会(SEC)のインターネットサイト(www.sec.gov)で入手できるSECに対するその他の書類で確認できます。


# # #


MSDについて
MSD(Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が米国とカナダ以外の国と地域で事業を行う際に使用している名称)は、125年以上にわたり、人々の生命を救い、人生を健やかにするというミッションのもと、世界で最も治療が困難な病気のために、革新的な医薬品やワクチンの発見、開発、提供に挑みつづけてきました。MSDはまた、多岐にわたる政策やプログラム、パートナーシップを通じて、患者さんの医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。私たちは、今日、がん、HIVやエボラといった感染症、そして新たな動物の疾病など、人類や動物を脅かしている病気の予防や治療のために、研究開発の最前線に立ち続けています。MSDは世界最高の研究開発型バイオ医薬品企業を目指しています。MSDの詳細については、弊社ウェブサイト(www.msd.co.jp)やFacebookTwitter YouTubeをご参照ください。