2017年

2017年

 

 

2017年7月25日

報道関係各位

MSD株式会社

MSD株式会社
『C the Light ~わたしとC型肝炎のおはなし~』
「世界肝炎デー」にあたり、C型肝炎疾患啓発キャンペーンを開始

 

MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下MSD)は、7月28日の「世界肝炎デー」にあたり、C型肝炎の疾患啓発キャンペーン『C the Light ~わたしとC型肝炎のおはなし~』を開始します。「世界肝炎デー」は、世界保健機関(WHO)によって、ウイルス性肝炎の蔓延防止と患者さんや感染者に対する差別や偏見の解消、また感染予防の推進を図ることを目的として2010年に制定されました。

C型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染により発症する病気で、治療せずに放置すると、肝硬変や肝がんに進行する可能性があります。日本にはC型肝炎ウイルスに感染している方が150~200万人1いると推測されていますが、自覚症状がほとんどないため、治療せずに放置してしまっている方や、自分がC型肝炎ウイルスに感染していることに気づいていない方も多くいると考えられています。

そのような背景のもと、MSDは、治療によりC型肝炎から解放された患者さんの気持ちを知ってもらい、治療を迷っているC型肝炎患者さんやC型肝炎ウイルス検査を受けていない方へ、治療や検査の重要性をお伝えするために、疾患啓発キャンペーンを実施することになりました。キャンペーン・タイトル『C the Light』は、治療を受けてC型肝炎を乗り越えた先に見える光をイメージしています。

当キャンペーンでは、MSDが運営しているC型肝炎疾患啓発ウェブサイトに特設キャンペーンページを設け、C型肝炎患者さんの体験をもとに創られた短編アニメーションを公開します。また、MSDはC型肝炎ウイルス検査を受検した方が、検査結果をきちんと確認し、陽性の場合は精密検査や治療を受けることができるように、チェック項目をつけた「C型肝炎ウイルス検査 チェックカード」を制作しました。7月28日から全国の医療機関で配布し、C型肝炎ウイルス検査の促進や、検査後の陽性者に対する精密検査・治療の勧奨にお使いいただく予定です。

MSDは、30年以上にわたってC型肝炎領域に携わってまいりました。今後も、C型肝炎の検査と治療の重要性を広く知っていただくための啓発活動に努めてまいります。

キャンペーン・ウェブサイト:http://www.c-kan.net/cthelight.xhtml
C型肝炎疾患啓発ウェブサイト:http://www.c-kan.net/
キャンペーン動画:https://youtu.be/bXCuY1X6O_o

1.「日本肝臓学会編 慢性肝炎・肝硬変の診療ガイド2016」

【キャンペーン・キービジュアル】

C型肝炎疾患啓発キャンペーン・キービジュアル

以 上


MSDについて
MSDは1世紀以上にわたり、バイオ医薬品のグローバルリーダー企業として人々の生命を救い、生活を改善するために、世界で最も治療が困難な病気のための革新的な医薬品やワクチンの製造に取り組んできました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDは今も、がん、生活習慣病、新種の動物病、アルツハイマー病、HIVやエボラなどの感染病をはじめとして、世界中で人々の命やコミュニティを脅かしている病気の治療や予防のために、研究開発の最前線に立ち続けています。MSDの詳細については、弊社ウェブサイトwww.msd.co.jpFacebookYouTubeをご参照ください。