2016年

2016年

 

 

2016年8月30日

報道関係各位

MSD株式会社

全国47都道府県調査
「不眠症治療に関する意識と実態」
― 40歳以上の不眠症治療薬服用者の約6割が3年以上治療薬を服用
不安を抱きながら治療を継続 ―


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン)は、日本全国の40歳以上の男女45,811名を対象に睡眠状態に関する1次調査を実施し、「不眠症状」があるもしくは不眠症治療薬の服用経験があると回答した人のうち9,400名に対し不眠症治療に関する意識と実態を明らかにするための2次調査を実施しました。

  • 約4割に受診が勧められる「不眠症」の疑い、不眠症治療薬は「やめられなくなる」と心配
  • ・ 受診が勧められる「不眠症の疑いがある」に該当する人は全国で40.2%、「不眠症の疑いが少しある」人も含めると59.4%という結果に

    ・ 都道府県別の「不眠症の疑いがある」に該当する人の割合を見ると、東京都が45.6%と最多

    ・ 不眠の疑いがあり不眠の悩みを持っているにもかかわらず、医師へ相談していない人は58.2%

    ・ 不眠症治療を行っていない人の59.3%は、病院で処方される不眠症治療薬に対して「飲み始めたらやめられない」という印象を持っていた

  • 不眠症治療薬服用者の約6割で服用期間が3年以上と長期化、不安を抱きながら治療継続
  • ・ 不眠症治療薬の服用者は全国で7.2%、そのうち服用期間が3年以上にわたる人は56.2%と判明

    ・ 治療薬服用者が最も多いのは鹿児島県で9.5%

    ・ 服用期間が長期化している人が最も多いのは石川県で70.0%

    ・ 治療薬を服用している人は、「服用をやめると、また眠れなくなる(68.9%)」「薬に依存してしまう(63.5%)」と、服用中止による影響や治療薬依存に対する不安を抱いていた

  • 不眠症治療薬の“減薬・休薬”について医師と話し合った患者は約3割
  • ・ 不眠症治療の進め方や治療方針について、「いつ、どのような状況になったら服用をやめるか」など“減薬・休薬”について医師と話し合った患者は、不眠症治療について医師に相談した患者の34.1%という結果に

今回の調査の結果、不眠症治療に関して「始めたくてもためらってしまう」「始めたらやめられなくなる」という不安や、服用期間の長期化、不眠症治療時の医師と患者とのコミュニケーションなどの課題が浮き彫りになりました。MSDは、引き続き不眠症に関する認知向上に努め、不眠症状を有する方や患者さんのQOL向上に貢献してまいります。

全国47都道府県調査 「不眠症治療に関する意識と実態」

以 上

MSDについて
MSDは125年にわたりグローバルヘルスケアリーダーとして、すこやかな世界の実現を目指し努力してまいりました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp や当社 FacebookYouTube をご参照ください。


<お問い合わせ先>
MSD株式会社 広報部門
〒102-8667 東京都千代田区九段北1-13-12 北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001  FAX :03-6238-9136