2016年

2016年

 

2016年6月28日

報道関係各位

MSD株式会社

MSD株式会社
未治療の2型糖尿病患者さんにおける経口血糖降下薬服用後の
観察研究「RESPOND」を開始


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ)は、このたび単剤で経口血糖降下薬の服用を開始する未治療の成人2型糖尿病患者さんの薬物治療の内容およびその臨床経過を観察する研究「RESPOND (Real World Evidence Study on Patient Outcomes in Diabetes)」を開始しました。

本研究は、2型糖尿病と診断され、単剤で経口血糖降下薬の服用を開始する未治療の成人患者さんを対象に、日本全国の約200施設に属する糖尿病専門医および一般内科医から1,500症例のデータ収集を目標に実施する企業主導型長期観察研究です。観察期間は24カ月で、観察開始(ベースライン; 新規に治療を開始)時点と、開始から6カ月目、12カ月目、18カ月目、24カ月目に記録を行います。ベースライン時に選択された経口血糖降下薬を特定せず、すべての対象患者さんにおいて、そのプロファイル〔バイタルサイン(血圧、体重)、臨床検査値(HbA1c、血清脂質)など〕、経口血糖降下薬の処方変更の履歴、および患者さん自身による各種評価(クオリティ・オブ・ライフ(QOL)評価、治療満足度評価、セルフケア行動評価)を記録し、それぞれベースラインからの変化や推移、目標達成率を観察します。

近年、日本の2型糖尿病治療においては経口血糖降下薬の服用者数が増加しています。それに加え、新規薬剤クラスの導入や併用療法の多様化に伴い治療計画も複雑化しています。また、薬物治療に加えて食事療法や運動療法などのセルフケア行動も重視されるようになり、QOLや治療満足度、長期的な臨床経過に与える影響を考慮した治療計画の必要性が高まっています。こうしたなか、治療開始後のQOL、治療満足度、セルフケア行動の実行度の変化に関する基礎データが不足しており、経口血糖降下薬で治療している2型糖尿病患者さんの実臨床における治療実態を評価する長期的な臨床研究が必要とされています。

MSDは、本研究によって、これまで不明確であった薬物治療開始時の薬剤クラス選択とQOL、治療満足度およびセルフケア行動の実行度との関連性を明らかにすることで2型糖尿病治療を考える上での基礎データが得られるものと考えています。

「RESPOND」の主要目的

  • 単剤薬物治療開始時の薬剤クラスの選択と患者背景および医師属性との関連性の究明
  • ・ 単剤で経口血糖降下薬の服用を開始する成人2型糖尿病患者さんにおいて、初回治療薬として
      選択された薬剤クラスの分布を明らかにし、選択された薬剤クラスと患者背景および医師の属性
      との関連を評価する

    ・ 経口血糖降下薬の薬物治療歴(変薬・併用等)を明らかにする

  • 新規治療開始から2年間における治療目標達成率の究明
  • ・ 経口血糖降下薬を新規に服用開始した患者さんの、治療開始から2年間における治療目標達成率
      (HbA1cなど)を、患者背景およびベースライン時の併存疾患の有無毎に評価し、明らかにする

  • セルフケア行動の実行度、QOL、治療満足度の究明
  • ・ 経口血糖降下薬を新規に服用開始した患者さんにおけるセルフケア行動(食事、運動、フットケア、
      血糖検査)の実行度、QOL、治療満足度を、患者年齢・性別およびベースライン時の併存疾患の
      有無毎に評価し、明らかにする


  • MSDは、革新的な医薬品の開発・提供を通じて、日本の患者さんのQOL向上に取り組んでいます。本研究を通じて、重点領域の一つである糖尿病領域でさらなる取り組み強化を図っていきます。


    以 上

MSDについて
MSDは125年にわたりグローバルヘルスケアリーダーとして、すこやかな世界の実現を目指し努力してまいりました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp や当社 FacebookYouTube をご参照ください。


<お問い合わせ先>
MSD株式会社 広報部門
〒102-8667 東京都千代田区九段北1-13-12 北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001  FAX :03-6238-9136