2016年

2016年

 

 

2016年5月25日

報道関係各位

MSD株式会社
キョーリン製薬ホールディングス株式会社

MSDが承認申請中の
アレルギー性疾患治療薬「デスロラタジン」
杏林製薬が独占販売


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ、以下MSD)と、キョーリン製薬ホールディングス株式会社の子会社である杏林製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:宮下三朝、以下杏林製薬)は、MSDが製造販売承認申請中のアレルギー性疾患治療薬「デスロラタジン(一般名)」の日本国内における共同販売に関する契約内容を変更し、杏林製薬が独占販売権を取得することで合意しました。

「デスロラタジン」については、杏林製薬とMSDの関連会社との間において、2014年11月に日本国内における共同販売の契約を締結しましたが、このたびの合意により、製造販売承認取得・薬価収載後に杏林製薬が独占的に販売することとなります。

MSDは、引き続き、呼吸器・アレルギー領域を含む幅広い疾患領域で最新のサイエンスに基づく革新的な医薬品の研究開発を推進するとともに、同領域の既存製品の最大化を図っていきます。 また、ビジネス上の重点領域である糖尿病を中心としたプライマリーケア、がん、ワクチン、病院急性期医療に経営資源を集中することで、より一層、医療従事者の皆さんや患者さんに貢献していきます。

杏林製薬は、特定領域に経営資源を集中するフランチャイズ・カスタマー戦略(重点領域:呼吸器科、耳鼻科、泌尿器科)を推進しています。当製品の独占販売権の取得により、重点領域である呼吸器・耳鼻科領域での製品ラインナップ拡充と、同領域でのさらなるプレゼンス向上を図ります。

なお、「デスロラタジン」は、米国や欧州など世界120カ国以上で承認されています。日本国内では新規有効成分の第二世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬として「アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒」の適応症で申請しています。

以 上

お問い合わせ先

MSD株式会社
広報部門
〒102-8667
東京都千代田区九段北1-13-12
北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001 FAX :03-6238-9136

キョーリン製薬ホールディングス株式会社
社長室コーポレートコミュニケーション部
〒101-8311
東京都千代田区神田駿河台4-6
TEL:03-3525-4707 FAX:03-3525-4777