2016年

2016年

 

2016年4月4日

報道関係各位

MSD株式会社

理由を問わず、日数制限もなく在宅勤務が可能に
MSD株式会社、在宅勤務制度を拡充し多様で柔軟な働き方を推進


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ)は本日、テレワークの先駆的な取り組みとして、全社員を対象に、理由を問わず、日数制限もなく自宅での勤務が可能になるよう在宅勤務制度を拡充しました。

MSDでは、多様な人財を獲得し、企業としての競争力を高めていくためには、働き方の選択肢を広げ、社員一人一人が多様な選択肢の中から自分らしい働き方を選ぶことのできる環境を整えていくことが重要だと考えています。今回の在宅勤務制度の拡充は、こうした働き方改革の取り組みの一環です。

この制度は、育児や介護などの事情を持つ社員に対象を限定せず、管理職を含む全ての社員*(正社員および契約社員)が対象となります。MSDでは、2009年10月に原則週1日を上限とした在宅勤務制度を導入して以降、その対象範囲を拡大してきました。2015年は、内勤業務に従事する全社員の60%以上が在宅勤務を活用、そのうち約25%が定期的に(1年間に20日以上)制度を利用しました。今回の制度拡充により、さらなる在宅勤務の活用ならびに社員の生産性やワーク・ライフ・インテグレーションの向上を見込んでいます。

MSDでは、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性/個性を生かす)を長期ビジネス戦略の一つに位置づけており、その一環として「多様で柔軟な働き方の推進」に取り組み、下記のようにさまざまな表彰を頂いております。

  • 2010年     「テレワーク推進賞 奨励賞」(一般社団法人 日本テレワーク協会主催)
  • 2013年     「均等・両立推進企業表彰
              ファミリー・フレンドリー企業部門 東京労働局長優良賞」(厚生労働省主催)
  • 2014年     「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業省主催)
  • 2016年4月   新たに創設された「テレワーク先駆者百選」(総務省主催)に認定

MSDはこれからも、社員一人一人がそれぞれの能力を最大限に発揮できる環境づくりに取り組んでまいります。

*外勤業務が中心となる営業職に対しては、オフィスや自宅に限らず、あらゆる場所での業務が可能な勤務形態(働き方)を適用しています。

以 上


<お問い合わせ先>
MSD株式会社 広報部門
〒102-8667 東京都千代田区九段北1-13-12 北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001  FAX :03-6238-9136


■その他「多様で柔軟な働き方」に関する主な事例

  • 地域限定勤務の子会社(日本MSD合同会社)
  • MSDは2014年3月、営業所長職・MR職を対象とした販促子会社「日本MSD」を設立しました。日本MSDでは、社員が希望する土地で転勤せずに働き続けることが可能であり、また、社員が地域限定勤務を希望しなくなった場合にはMSDに復籍することも可能です。これにより、社員のキャリアとライフに関わる選択肢を広げるとともに、顧客との長期リレーションを基盤とした地域に根ざした営業活動の展開を目指しています。2015年からは、日本MSDの新卒採用を開始しており、多様で優れた人財の獲得と競争力強化にも寄与しています。

  • 裁量労働制度をはじめとした多様な勤務形態
  • MSDでは働く場所や時間に関わらず社員一人一人が能力を最大限に発揮できるよう、裁量労働制度やフレックスタイム制度など多様な勤務形態を提供しています。裁量労働制度は対象者の99%に適用され、現在約600人の社員が利用しています。

  • ボランティア休暇制度、社員のボランティア活動支援
  • MSDでは、ボランティア休暇やボランティア活動の機会提供を通じて社員の自主的な社会貢献活動を支援しています。ボランティア休暇は年間10日まで取得可能です。また、ボランティア活動未経験の社員がボランティア活動への一歩を踏み出せるよう、患者支援、高齢者支援、被災地支援、環境保全、学童への科学教育など、希望する社員に対してボランティア活動の機会を提供しています。

  • ディスカバリー休暇:理由不問の長期休暇制度(試験導入中)
  • MSDは2015年7月から「ディスカバリー休暇」を試験的に導入しています。社員の多様な働き方や休暇のニーズに応える目的で導入され、既存の休暇制度(年次有給休暇、ボランティア休暇、積立休暇等)に加えて、理由を問わず最大40日の休暇取得が可能です。ディスカバリー休暇は分割して取得することもでき、たとえば週4日勤務(週1日の休暇を数週間継続して取得する)などの働き方も可能です。現在、ビジネススクールや語学学校への通学、長期滞在型ボランティア活動への参加、子どもの学校の長期休暇への対応など、さまざまな理由での活用が始まっています。

  • 個人事業主のMR(エリアMR)
  • MSDでは2013年、MR経験のある個人と業務委託契約を結ぶ「エリアMR」を新設しました。エリアMRは、個人の居住地域を活動エリアとして、MSDが指定する医療施設を訪問しMSD製品の訪問宣伝活動等を行います。個人事業主が自らの選択で仕事と生活のバランスを保ちながらMR経験を活かすことのできる働き方です。


MSDについて
MSDは125年にわたりグローバルヘルスケアリーダーとして、すこやかな世界の実現を目指し努力してまいりました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp や当社 FacebookYouTube をご参照ください。