2015年

2015年

 

2015年11月26日

報道関係各位

MSD株式会社

週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ®」を世界に先駆けて日本で発売


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ、以下MSD)は本日、2型糖尿病治療薬で週1回投与の持続性選択的DPP-4阻害薬「マリゼブ®錠25mg/12.5mg(一般名:オマリグリプチン、以下「マリゼブ®」)」を発売いたしました。マリゼブ®の承認・発売はともに世界初となります。

「マリゼブ®」は、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が開発した長時間作用型の新規DPP-4阻害薬です。1日1~2回投与型とは異なり、マリゼブは特長的な薬物動態メカニズムにより週1回の投与で血糖値をコントロールします。国内第3相臨床試験では、連日投与の選択的DPP-4阻害剤であるジャヌビア®(一般名:シタグリプチン)と同様の有効性と忍容性が確認されています。「マリゼブ®」の効果は週1回の投与で1週間持続するため、患者さんの服薬負担の軽減と治療継続意欲や服薬アドヒアランスの向上が期待されます。

MSDは、国内初のDPP-4阻害薬ジャヌビア®をはじめとする糖尿病治療薬ポートフォリオに「マリゼブ®」を加えることで、2型糖尿病患者さんの多様なライフスタイルに対応する治療選択肢を提供します。さらに、糖尿病患者さんの食事療法・運動療法を支援する新しいツールの提供や、服薬アドヒアランスの向上を促すための製品パッケージの工夫など、患者さんの治療継続を支援する取り組みを積極的に行い、糖尿病領域における真のパートナーを目指していきます。

MSDについて
MSDは、すこやかな世界の実現を目指して努力を続けるグローバルヘルスケアリーダーです。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp をご参照ください。


<お問い合わせ先>
MSD株式会社 広報部門
〒102-8667 東京都千代田区九段北1-13-12 北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001  FAX :03-6238-9136


参考資料

持続性選択的DPP-4阻害薬/経口糖尿病用剤「マリゼブ®

製品名 マリゼブ®錠25mg
マリゼブ®錠12.5mg
一般名 オマリグリプチン
効能・効果 2型糖尿病
用法・用量 通常、成人にはオマリグリプチンとして25mgを1週間に1回経口投与する。
<用法・用量に関連する使用上の注意>

(1) 本剤は主に腎臓で排泄されるため、重度腎機能障害のある患者、血液透析又は腹膜透析を要する末期腎不全患者では、下表を目安に用量調節すること。なお、ここで示している用法・用量はシミュレーション結果に基づき設定されたものであることから、患者の状態を慎重に観察すること。

週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ<sup>®</sup>」を世界に先駆けて日本で発売

*eGFRに相当する換算値(年齢60歳)

(2) 末期腎不全患者については、血液透析と時間関係は問わない。
(3) 次の点を患者に指導すること。
1)本剤は週1回服用する薬剤であり、同一曜日に服用すること。
2)本剤の服用を忘れた場合は、気づいた時点で1回分を服用し、その後はあらかじめ定められた曜日に服用すること。ただし、同日中に2回分を服用しないこと。
承認申請日 2014年11月21日
承認取得日 2015年9月28日
薬価基準収載日 2015年11月26日
発売日 2015年11月26日
薬価 25mg 1錠  1045.10円
12.5mg 1錠  559.20円


「マリゼブ®」製品写真

<マリゼブ®錠25mg>
週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ<sup>®</sup>」を世界に先駆けて日本で発売   
<マリゼブ®錠12.5mg>
週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ<sup>®</sup>」を世界に先駆けて日本で発売
週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ<sup>®</sup>」を世界に先駆けて日本で発売   週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ<sup>®</sup>」を世界に先駆けて日本で発売