2015年

2015年

 

 

2015年6月1日

報道関係各位

MSD株式会社
バイエル薬品株式会社

アレルギー性疾患治療剤「クラリチン®」の販売移管に関するお知らせ


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ、以下 MSD)とバイエル薬品株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:カーステン・ブルン、以下バイエル薬品)は、MSDが製造販売しているアレルギー性疾患治療剤「クラリチン®錠10mg」、「クラリチン®レディタブ®錠10mg」、「クラリチン®ドライシロップ1%」について、本日付でMSDからバイエル薬品へ販売移管します。2014年にMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A. とバイエルグループが発表したコンシューマーケア事業移管の一環である今回の販売移管により、上記製品の医療機関向け情報提供はバイエル薬品が実施しますが、製造販売承認は引き続きMSDが保有します。


販売移管日 2015年6月1日
販売移管品目 ・クラリチン®錠10mg
・クラリチン®レディタブ®錠10mg
・クラリチン®ドライシロップ1%

「クラリチン®」は、持続性選択H1受容体拮抗薬として2002年に国内で発売以来、多くの患者さんにご使用いただいています。MSDとバイエル薬品は、「クラリチン®」が今後も患者さんと医療従事者の方々のニーズに応えられるよう努めて参ります。

以 上


MSDについて
MSDは、すこやかな世界の実現を目指して努力を続けるグローバルヘルスケアリーダーです。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp をご参照ください。

バイエル薬品について
バイエル薬品株式会社は本社を大阪に置き、医療用医薬品、コンシューマーケア、ラジオロジー(画像診断関連製品)、動物用薬品(コンパニオンアニマルおよび畜産用薬品)の4事業からなるヘルスケア企業です。医療用医薬品部門では、循環器領域、腫瘍・血液領域、ウィメンズヘルスケア領域、眼科領域の4領域に注力しています。バイエル薬品は、Science For A Better Life (よりよい暮らしのためのサイエンス)の企業スローガンのもと、技術革新と革新的な製品によって、日本の患者さんの「満たされない願い」に応える先進医薬品企業を目指しています。
バイエル薬品ホームページ: http://www.bayer.co.jp/byl


お問い合わせ先

MSD株式会社 広報部門
〒102-8667
東京都千代田区九段北1-13-12
北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001  FAX:03-6238-9136

バイエル薬品株式会社 広報本部
〒100-8265
東京都千代田区丸の内1-6-5
丸の内北口ビル
TEL 03-6266-7741  FAX:03-5219-9705