2012年

2012年

 

2012年12月4日

報道関係各位

MSD株式会社

MSD株式会社、新規作用機序の不眠症治療薬
「スボレキサント」を承認申請


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ、以下MSD)は、本日、新規作用機序の不眠症治療薬「スボレキサント(一般名)」の製造販売承認申請を行いました。「スボレキサント」はオレキシン受容体拮抗薬と呼ばれる新しいクラスの薬剤で、既存の不眠症治療薬の作用機序とは異なり、覚醒状態の維持に関与するオレキシンを標的としてその作用を阻害することで、入眠や睡眠維持が困難な患者さんの睡眠を改善することが期待されます。「スボレキサント」の安全性と忍容性は良好で、第Ⅲ相臨床試験の結果では、投与を中止しても、臨床的に意味のある反跳性不眠や退薬症候の発現は認められませんでした。

「スボレキサント」は、Merck & Co., Inc., Whitehouse Station, N.J., U.S.A.が開発した薬剤で、日本を含む国際共同治験を実施いたしました。日本からは第Ⅱ相及び第Ⅲ相試験に参加しています。米国では、米国医薬食品局(FDA)が「スボレキサント」の新薬承認申請を受理したことが、2012年11月8日に発表されています。

2012年に発表された論文*によると、日本人の成人の約3割が、寝つきが悪い、睡眠中に何度も目が覚める、朝早く目が覚めてしまうなどの何らかの不眠症状を1週間に1回以上経験しています。MSDは、不眠症領域における新たな治療の選択肢を提供することで、患者さんのQOLの向上に貢献できるよう尽力してまいります。

以 上

* Furihata R. et al. Sleep Medicine, 2012


MSDについて
MSDは、すこやかな世界の実現を目指して努力を続けるグローバルヘルスケアリーダーです。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品、コンシューマー製品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp をご参照ください。


<お問い合わせ先>
MSD株式会社 広報部門
〒102-8667 東京都千代田区九段北1-13-12 北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001  FAX :03-6238-9136