2011年

2011年

 


  日本語版   英語版

2011年12月7日

報道関係各位

MSD株式会社

4価HPVワクチン「ガーダシル®
英国の定期接種予防プログラムに採用


サノフィパスツールMSDは、2011年11月24日(英国時間)、英国の保健省が、4価HPVワクチン「ガーダシル®」を定期予防接種プログラムに採用することを決定したと発表しました。4価HPVワクチン「ガーダシル®」の定期接種プログラムは、英国内の12~13歳の女児を対象に、2012年9月より接種が開始されます。

「ガーダシル®」は、HPV6、11、16、18型に起因する子宮頸がんやその前駆病変、外陰上皮内腫瘍、腟上皮内腫瘍、尖圭コンジローマを予防する4価HPVワクチンで、現在までに世界124ヵ国で承認されています。2007年に世界で最初に子宮頸がん予防ワクチンの公費助成プログラムを導入したオーストラリアをはじめ、先進国では接種費用を公費で助成する国が増え、2011年10月現在で29ヵ国にのぼっています。

注: 当リリースは、サノフィパスツールMSDが2011年11月24日(英国時間)に発表したものを日本語に翻訳したものです。資料の内容および解釈については英語が優先されます。

以 上

MSDについて
MSDは、すこやかな世界の実現を目指して努力を続けるグローバルヘルスケアリーダーです。医療用医薬品、ワクチン、生物学的療法および一般向けならびにアニマルヘルスケア製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。さらに、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて医薬品を必要とする人々への製品寄付や供給を行い、医薬品へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp をご参照ください。


<お問い合わせ先>
MSD株式会社 広報部門         
〒102-8667 東京都千代田区九段北1-13-12 北の丸スクエア   
TEL:03-6272-1001  FAX :03-6238-9136


日本語版

HPVワクチン「ガーダシル®」、英国のHPV定期予防接種プログラムに採用
2012年9月より女児を対象に

メイデンヘッド発、2011年11月24日:
英国の保健省は、ヒトパピローマウイルス(HPV)6、11、16、18型を予防する4価ワクチンの「ガーダシル®」を、国内の12~13歳の女児を対象としたHPV定期予防接種プログラムに採用することを決定しました。サノフィパスツールMSDは、この決定を歓迎しており、2008年に開始された国家予防接種プログラムの成功にさらに貢献できるものと期待しています。

HPVには約200種類の型があり、その多くは現在、子宮頸がんなどのがんの主な原因と認識されつつあります。世界的には、あらゆるがんの5%がHPVに関連していると考えられており1、HPV 6、11、16、18型に起因する生殖器(子宮頸部、外陰、腟)の前がん病変、子宮頸がんおよび尖圭コンジローマは公衆衛生上の大きな懸念となりつつあります。またこれらの疾患は、英国国民健康保険に対する大きな経済的負担となっています。

ケンブリッジ大学病理学部上皮生物学教授のマーガレット・スタンレー氏(OBE(大英勲章第4位)受章者)は、「これからは、国家プログラムで、より多くのHPV関連疾患、特に外陰や腟の前がん病変や尖圭コンジローマを予防することが可能となります。この4価ワクチンによってより幅広い予防が可能となることは、我が国の若い女性に朗報として歓迎されるでしょう」と述べています。

臨床試験では、この4価ワクチンは、HPV16および18型に起因する子宮頸がんやその前がん病変をほぼ100%(98~100%)減少させることが示されているだけでなく2、HPV 6、11、16、18型に起因する外陰および腟の前がん病変の予防にも100%有効であることが示されています。さらに、これらのHPV型に起因する尖圭コンジローマの99%を効果的に予防します。

学校保健師は、国家予防接種プログラムの実施に積極的に関与しています。保健師の協力により、子宮頸がん予防に必要な3回のワクチン接種率が英国全体で約80%というこれまでにない水準に達しました3。ガーダシル®は、123ヵ国で承認されており、安全性情報も蓄積されているワクチンで、世界中で7,900万回分以上が出荷されています4
※ 2011年12月現在、124ヵ国で承認されています。

サノフィパスツールMSD のバイスプレジデント、リチャード・スタビンズは、「当社は、25年以上にわたり、英国の予防接種プログラムをサポートすべく、保健省と緊密に協力してきました。この4価ワクチンにより、若い女性を深刻なHPV関連疾患から守ることに貢献でき、うれしく思います。「ガーダシル®」による予防接種プログラムを初めて実施したオーストラリアと同様に、英国でも子宮頸がんの予防だけでなく、尖圭コンジローマによる負担も軽減されることを期待しています」と述べています。

若い女性は、HPVワクチンの接種と並行して、医師の勧めに従い、スメアテスト(子宮頸がん検診)を引き続き受ける必要があります。HPVワクチンの接種と子宮頸がん検診は公衆衛生上の大きな意義をもつことが期待でき、徐々に英国におけるこれらの疾患の治療費削減につながると考えられます。

###

編集者の方へ

英国におけるHPVワクチン接種
英国では、予防接種諮問委員会であるJoint Committee on Vaccination and Immunisation(JCVI)の2007年の提言を受け、子宮頸がん予防を目的として、2価ワクチン(2種類のHPV型を含む)を利用した12~13歳の女児へのHPVワクチンの定期接種および13~18歳の女性への初回キャッチアップ接種が2008年9月に開始されました。

サノフィパスツールMSDについて
サノフィパスツールMSDは、サノフィ社のワクチン部門であるサノフィパスツールとMerck, Co., Inc., Whitehouse Station, NJ, USA (米国およびカナダ以外ではMSD)との合弁会社です。革新性と専門性を兼ね備え、サノフィパスツールMSDはヨーロッパで唯一のワクチン専門会社として活動しています。サノフィパスツールMSDは、両社の研究技術を活かし、世界中のチームとともにヨーロッパ向けの新たなワクチン開発に注力しています。そして、予防を他の疾患にも拡大するとともに、ワクチン接種の受容性や効果、忍容性を改善するために既存のワクチンを完全なものとすることを目指しています。

参考文献
1Parkin DM and Bray F. The burden of HPV-related cancers. Vaccine 2006; 24 (Suppl 3): 11-25
2Gardasil® Summary of Product Characteristics. http://www.medicines.org.uk/EMC/medicine/19016/SPC/GARDASIL/
3保健省およびHPAの年次報告書による2009年、2010年の英国におけるHPVワクチン接種率
http://www.dh.gov.uk/prod_consum_dh/groups/dh_digitalassets/documents/digitalasset/dh_123826.pdf
4サノフィパスツールMSD社内資料
5Syrjänen K, et al. Prevalence, incidence, and estimated life-time risk of cervical human papillomavirus infections in a non selected Finnish female population. Sex Transm Dis 1990;17:15–19.
6Koutsky L. Epidemiology of Human Papillomavirus Infection. Am J Med1997;102(5A):3-8.
7Pagliusi SR, Aguado MT. Efficacy and other milestones for human papillomavirus vaccine introduction. Vaccine 2004;23:569-578.
8DeVilliers EM et al. Classification of papillomaviruses. Virology 2004;324:17-27.


英語版

Gardasil® HPV vaccine selected for the UK routine HPV immunisation programme
to protect schoolgirls from September 2012

Maidenhead, 24th November 2011 – Sanofi Pasteur MSD welcomes the Department of Health decision to choose Gardasil®, the quadrivalent or four-type vaccine, protecting against human papillomavirus (HPV) types 6,11,16 and 18, for routine HPV immunisation of girls aged 12-13 in the UK and looks forward to building upon the success of the national immunisation programme which began in 2008.

There are approximately 200 HPV types and many are now becoming recognised as major causes of cancers including cervical cancer. Globally, 5% of all cancers are thought to be related to HPV.1 HPV-related premalignant genital lesions (cervical, vulvar and vaginal), cervical cancer and genital warts caused by types 6, 11, 16 and 18 are increasingly seen as major public health concerns. Together these diseases constitute a significant economic burden for the NHS.

Professor Margaret Stanley OBE, Professor of Epithelial Biology at the Department of Pathology, University of Cambridge, said: “Going forward, the national programme can now prevent more HPV-related disease, in particular vulvar and vaginal pre-cancer and genital warts. This broader protection offered by the quadrivalent vaccine should be welcomed as good news for our young girls.”

In clinical trials, the quadrivalent vaccine has not only demonstrated close to 100% (98%-100%) reduction in HPV type 16 and 18 related cervical per-cancers and cancers,2 but is also 100% effective in preventing vulval and vaginal precancers caused by HPV types 6,11,16 and 18. Additionally, it is 99% effective in preventing genital warts caused by these HPV types.

School nurses have been actively involved in delivering the national immunisation programme. They have helped to achieve an unsurpassed coverage rate for the three vaccine doses required to help protect against cervical cancer of around 80% across the UK.3 Gardasil® is licensed in 123 countries and has a well-documented safety profile with more than 79 million does distributed worldwide.4

“We have worked closely with the Department of Health to support public health immunisation in the UK for over 25 years,” said Richard Stubbins, Vice President of Sanofi Pasteur MSD “I am delighted we are now helping to protect young women against the burden of HPV diseases with the four type vaccine. We hope that the UK will benefit not only from protection against cervical cancer but also from a reduction in the burden posed by genital warts. This has been the experience from Australia, the first country to fund a vaccination programme with Gardasil®

For consumer media

Along with HPV vaccination, it is essential that young women continue to attend for smear tests (cervical screening) when requested by their GP. In this way, HPV vaccination and cervical screening is expected to have a significant impact on public health and reduce the treatment costs for these diseases in the UK over time.

###

Notes to editors
HPV vaccination in the UK

Following a recommendation by the Joint Committee on Vaccination and Immunisation (JCVI) in 2007, routine HPV immunisation of girls aged 12-13 years started in September 2008 with an initial accelerated catch-up vaccination of girls aged 13-18 years using a bivalent vaccine (containing two HPV types) with the aim of preventing cervical cancer.

More about HPV and Gardasil®
HPV is very common and transmitted through genital contact. 70%-80% of sexually active people are estimated to become exposed at some point in their life.5, 6

While 90% of infected women will clear the infection on their own, it is not possible to predict which infections will be cleared and which will progress to disease and ultimately cancer.7 There are an estimated 200 different HPV types.8 HPV-6, 11, 16 and 18 are the four most common HPV types causing genital disease.

Gardasil® does not treat pre-existing HPV 6/11/16/18 infections or related diseases. Gardasil® will only protect against diseases that are caused by HPV types 6/11/16/18 and to a limited extent against diseases caused by certain related HPV types. All women should therefore continue regular screening for early detection of cervical cancer whether they have been vaccinated or not.

Indication of Gardasil®
Gardasil® is a vaccine for use from the age of 9 years for the prevention of:
-premalignant genital lesions (cervical, vulvar, and vaginal) and cervical cancer causally related to certain oncogenic Human Papillomavirus (HPV) types
-genital warts (condyloma acuminata) causally related to specific HPV types
See sections 4.4 and 5.1 of the Summary of Product Characteristics of Gardasil® for important information on the data that support this indication. The use of Gardasil® should be in accordance with official recommendations. The complete Summary of Product Characteristics of Gardasil® is available at:
http://ec.europa.eu/health/documents/community-register/2010/2010081885368/anx_85368_en.pdf

About Sanofi Pasteur MSD
Sanofi Pasteur MSD is a joint venture between sanofi pasteur, the vaccine division of Sanofi, and Merck (known as MSD outside the USA and Canada). Combining innovation and expertise, Sanofi Pasteur MSD is the only company in Europe dedicated exclusively to vaccines. Sanofi Pasteur MSD is able to draw on the research expertise of sanofi pasteur and Merck, together with their teams throughout the world, to focus on the development of new vaccines for Europe, which aim to extend protection to other diseases and perfect existing vaccines in order to improve the acceptability, efficacy and tolerability of vaccination.

Contact
For further information, please contact:

Paul Hardiman, Direct: 01628 587628 Mobile: 07817 106362 E-mail: phardiman@spmsd.com
Claire Woods, Direct: 020 8392 8098 Mobile: 07976 815 851 E-mail: cwoods@rdcomms.com
Laura Clark, Direct : 020 8392 8054 Mobile : 07889 757 191 E-mail: lclark@rdcomms.com

For consumer media



1Parkin DM and Bray F. The burden of HPV-related cancers. Vaccine 2006; 24 (Suppl 3): 11-25
2Gardasil® Summary of Product Characteristics.
http://www.medicines.org.uk/EMC/medicine/19016/SPC/GARDASIL/
3Department of Health and HPA Annual HPV vaccine coverage in England in 2009/2010
http://www.dh.gov.uk/prod_consum_dh/groups/dh_digitalassets/documents/digitalasset/dh_123826.pdf
4Data on File. Sanofi Pasteur MSD
5Syrjänen K, et al. Prevalence, incidence, and estimated life-time risk of cervical human papillomavirus infections in a non selected Finnish female population. Sex Transm Dis 1990;17:15– 19.
6Koutsky L. Epidemiology of Human Papillomavirus Infection. Am J Med1997;102(5A):3-8.
7Pagliusi SR, Aguado MT. Efficacy and other milestones for human papillomavirus vaccine introduction. Vaccine 2004;23:569-578.
8DeVilliers EM et al. Classification of papillomaviruses. Virology 2004;324:17-27.

# # #