MSDの人財戦略

MSDの人財戦略

MSD株式会社

MSDが求める人財

私たちMSDのミッションは、「人々の生命を救い、生活を改善する革新的な製品とサービスを発見し、開発し、提供すること」です。このミッションはMSDの存在意義とも言えるもので、将来にわたり、揺らぐことのない普遍的なものです。MSDで働く人財に求める一番大切なことは、このミッションに共感できることだと考えます。

私たちを取り巻く環境が今までにないスピードで大きく変化している中で、このミッションを実現し、革新的な製品とサービスを生み出し続けるためには、従来のやり方に捉われない新しい発想を持って挑戦する人、変化をポジティブに捉えてイノベーションを起こせる人財がますます必要となってきます。

「ダイバーシティ&インクルージョン」は企業の競争力

私たちMSDが組織の多様性を重視しているのは、それが企業としての社会的責任であるといった理由からではなく、それが企業としての生命線であり、競争力の源泉であるからです。少子高齢化が進み、働く人たちの価値観も多様化していく中にあって、性別・国籍などにとらわれずにより幅広い層から実力本位で優秀な人財を獲得し、登用していくことは、人財戦略のみならずビジネス戦略の根幹を担う重要な考え方です。

ダイバーシティという言葉は一般的に使われるようになってきましたが、私たちはそこからさらに進めた考え方に基づいて、「ダイバーシティ&インクルージョン」を推進しています。単に多様な人財が集うだけでは十分ではなく、全員がその実力を存分に発揮できる環境や企業文化をつくることがさらに重要です。そのためにMSDではさまざまな働き方の選択肢を提供して、「ダイバーシティ&インクルージョン」を実現できる働きやすい職場環境づくりを推進しています。

自律的なキャリア開発

MSDの全社員共通の行動規範である「リーダーシップ・ビヘイビアー」の一つに、「人財育成」があります。人財育成は、上司が部下を育てることだけではなく、社員一人ひとりが自分の育成を考え、自分を成長させることでもあります。

MSDがそのミッション実現に向かって業界をリードして成長していくためには、そこで働く社員が成長していくことが不可欠です。社員の成長、その育成に責任を持つのは上司でも会社でもなく、社員自身です。一人ひとりが自律的に自分のキャリア、自分の成長について考え、上司はそれをサポートし、会社が機会を提供する。そして日々みんなが成長していくことが、会社の成長、MSDのミッション実現につながっていくのです。


 
 

企業倫理・コンプライアンスの徹底

企業倫理・コンプライアンスの徹底

社員一人ひとりが、高い水準の倫理観と誠実さのもと、自らに行動責任・説明責任があるという強い自覚を持って常に行動します。