グローバル共通の行動規範

グローバル共通の行動規範

社員は、グローバル共通の行動規範である「リーダーシップ・ビヘイビアー」に基づき、日々の活動を行っています。

社員一人ひとりが、「リーダーシップ・ビヘイビアー」を実践することで、最高のパフォーマンスを発揮し、ミッションを実現します。

リーダーシップ・ビヘイビアー

患者さん・お客さまを大切にします

患者さん、お客さまのニーズを理解し、それを満たすことで、価値を提供できるよう、組織全体で取り組みます。

迅速で、統制のとれた意思決定を行います

環境や状況に応じた適切なレベルの情報に基づき、迅速な意思決定を行い、組織全体として決定事項を支持します。

勇気と素直さを持って行動します

信念を持って、率直かつ正直に発言します。
適切なリスクをとり、困難な決定を行う勇気を持ちます

積極的に人財を育成します

ミッション達成と、さらなる社会貢献を目指すために必要な能力と多様性を有する人財を積極的に育成します。
自律的キャリア開発を行い、個人の潜在能力が発揮できる機会と成長の場を提供します。

倫理・誠実さを体現します

率先して、常に最高水準の信頼性と倫理的行動の実現に努めます。また、すべての法令、方針、規制を遵守するとともに、倫理的な問題については、躊躇することなく指摘し、対策を実施します。

結果に責任を持ちます

明確なパフォーマンス基準を設定し、障壁を乗り越えます。
個人として、組織として結果を達成することに責任を持ちます。

協力関係を培います

他者の話を積極的に傾聴し、異なる視点や意見の理解に努めます。組織全体の目標の達成に向けて、周囲と共に取り組みます。


 
 

企業倫理・コンプライアンスの徹底

企業倫理・コンプライアンスの徹底

社員一人ひとりが、高い水準の倫理観と誠実さのもと、自らに行動責任・説明責任があるという強い自覚を持って常に行動します。