MSDの多様で柔軟な働き方

MSDの多様で柔軟な働き方

在宅勤務制度

テレワーク先駆者百選

MSDでは、全社員を対象に、理由を問わず日数制限無しで使える在宅勤務制度を導入しています。多くの社員が生産性向上のため、プライベートと仕事の両立のため、新しい発想を得るために在宅勤務制度を活用しています。2016年4月には、テレワークの先進的企業として総務省「テレワーク先駆者百選」に認定されました。

柔軟な勤務時間

MSDでは、9割以上の社員が1日の始業・終業時刻や途中の休憩時間を自分の裁量で柔軟に決められる働き方を行っています。働く時間の長短ではなく、ビジネスへの貢献度を重視した評価を行っているため、勤務時間に縛られることなく、自分に合った働き方、パフォーマンスの出し方を自分自身でデザインすることが可能なのです。

地域限定の働き方「日本MSD」

2014年3月、製薬会社では先駆的な取り組みとして、地域限定勤務の販促子会社「日本MSD」を設立しました。転勤せずに働き続けられる選択肢ができたことで、ライフステージに合せて自分らしいライフとキャリアを実現する社員が増えています。同日に日本MSDは、顧客との長期リレーションを通じた地域医療への貢献を目指していきます。


 
 

企業倫理・コンプライアンスの徹底

企業倫理・コンプライアンスの徹底

社員一人ひとりが、高い水準の倫理観と誠実さのもと、自らに行動責任・説明責任があるという強い自覚を持って常に行動します。