MSDの開発活動

MSDの開発活動


“患者さんのために”

グローバル研究開発本部では、「革新的な製品とサービスを通じて人々の生命を救い、生活を改善する」というミッションを日本で遂行するため、世界に遅れることなく新薬を日本の患者さんに提供することを第一に考え行動しています。

1. 新薬を一日も早くお届けするために、一人ひとりが常に高い視点に立ち、広い視野を持ち、開発の質に関する責任を負います。

2. 安心してお薬を服用していただくために、“Patient Safety First(患者さんの安全を最優先する)” の理念に基づき国内外の関連規制を遵守して安全対策の実施に責任を負います。

3. 社会に信頼されるために、法令(GCP1、GVP2、GPSP3等)に準拠して、コンプライアンスに対する意識強化に取り組んでいます。

4. 常に自ら学び、顧客の声に耳を傾け、進化し続け、積極的に意見や提案を発信していきます。

治療と予防の向上に寄与する安全で高い品質の医薬品を患者さんに安心してお届けするために、私たちは日々挑戦し続けています。

1: GCP (Good Clinical Practice): 医薬品の臨床試験の実施の基準
2: GVP (Good Vigilance Practice): 医薬品製造販売後安全管理の基準
3: GPSP (Good Post-marketing Study Practice): 医薬品製造販売後調査・試験の実施の基準

担当者の声

開発期間の短縮を実現し、できるだけ早く患者さんに新薬を届けたい

2005年入社

薬の安全性を高め、患者さんの健康に貢献

2009年入社


 
 

MSDの開発方針

 

開発パイプライン

グローバルの研究開発