2018年

2018年

 

2018年8月3日

報道関係各位

MSD株式会社

「眠れないつらさ あきらめないで」
三浦友和さんによる不眠症啓発をスタート

 

MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下 「MSD」)は、俳優の三浦友和さんにご登場いただき、TVCMやウェブ広告等を通じた不眠症に関する疾患啓発を2018年8月6日から開始します。

日本人の成人のおよそ5人に1人がよく眠れないと感じています1)。不眠は、眠れないという夜間の苦痛だけでなく、日中の眠気やだるさ、集中困難など、日常生活に様々な影響を及ぼします。シニア世代になると睡眠時間が短くなったりするのは、自然な加齢変化とされていますが、日中の活動に支障が続くような場合には、「年のせい」と自己判断で放置しないことが重要です。

本疾患啓発のTVCMでは、俳優の三浦友和さんが、眠れない悩みを抱えている方々に対して、不眠症の正しい理解や生活習慣の見直し、自分一人で悩まず医師に相談することを促し、「あきらめないで」と語りかける内容をお届けします。また、Webでは、眠れない悩みをサポートする特設サイト「あきらめない不眠.jp」を公開し、不眠のつらさをあきらめないで解消するための、対処法や治療の選択肢などの情報についてご紹介します。

MSDは、一人でも多くの方々の不眠の悩みを解消し、心地よい眠りに貢献できるよう活動してまいります。
1) 厚生労働省ホームページ「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス」


■ 三浦友和さんのコメント
「普段の生活の中で、年のせいかなと思ってしまうようなことは、私自身もありますし、シニア世代になると多くの方が同じような思いをされているのではないでしょうか。今回の疾患啓発が、眠れないつらさがあっても年のせいとあきらめてしまっている方の助けになり、眠りの改善のために適切な対策を始めるきっかけとなることを願っています。」


<不眠症啓発「眠れないつらさ あきらめないで」篇について>

■ CMカットイメージ


■ Webサイト「あきらめない不眠.jp」(https://www.akiramenai-fumin.jp
本サイトは、不眠のつらさをあきらめないで解消するための、対処法や治療の選択肢などの情報について紹介しています。「眠れない」で検索を。



■ 三浦友和(みうら ともかず)さんのプロフィール
山梨県出身。1974年に「伊豆の踊子」で山口百恵との共演で映画初出演。以来、俳優として活躍し、近年は「ALWAYS 三丁目の夕日」、「沈まぬ太陽」、「アウトレイジ」、「64 ロクヨン」など話題作に出演。日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を受賞し、2012年は紫綬褒章も受章している。

以 上


MSDについて
MSDは1世紀以上にわたり、バイオ医薬品のグローバルリーダー企業として人々の生命を救い、生活を改善するために、世界で最も治療が困難な病気のための革新的な医薬品やワクチンの製造に取り組んできました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDは今も、がん、生活習慣病、新種の動物病、アルツハイマー病、HIVやエボラなどの感染病をはじめとして、世界中で人々の命やコミュニティを脅かしている病気の治療や予防のために、研究開発の最前線に立ち続けています。MSDの詳細については、弊社ウェブサイト(www.msd.co.jp)や FacebookYouTubeをご参照ください。