2018年

2018年

2018年6月28日

報道関係各位

アストラゼネカ株式会社
MSD株式会社

アストラゼネカ株式会社とMSD株式会社、
PARP阻害剤「リムパーザ®
日本でのコ・プロモーション開始のお知らせ


アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム、以下「アストラゼネカ」)とMSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下「MSD」)は、このたび、アストラゼネカが製造販売している世界初の経口ポリアデノシン5’二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害剤「リムパーザ錠」(300mg1日2回投与)(一般名:オラパリブ、以下「リムパーザ」)に関してグローバルの戦略的提携に基づき、日本でのコ・プロモーションを開始することをお知らせいたします。このコ・プロモーション契約により、リムパーザの製造販売は引き続きアストラゼネカが行い、医療機関への情報提供活動は2018年7月1日よりアストラゼネカとMSDが共同で行います。

リムパーザは、DNA損傷応答(DDR)経路に異常をきたしてがん化した細胞に特異的に作用し、がん細胞死を誘導する、世界初のPARP阻害剤です。DNAの相同組換え修復機構が機能していないがん細胞に特異的に細胞死を誘導する画期的な作用機序を持ちます。日本においては、2018年1月19日に「白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法」を効能・効果とした承認を取得し、現在「がん化学療法治療歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳癌」を効能・効果として承認申請中です。

アストラゼネカとMSDは緊密な協働関係を築き、がん治療の新たな選択肢として期待されるリムパーザのコ・プロモーションをとおして、患者さんと医療従事者のニーズにお応えできるよう努めてまいります。


以 上


アストラゼネカとMSDのがん領域における戦略的提携について
2017 年7 月、英国アストラゼネカ社とMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は、世界初のPARP 阻害剤であるリムパーザおよび現在開発中であるMEK 阻害剤セルメチニブの複数のがん種における共同開発・商業化に関する、がん領域における世界的な戦略的提携を発表しました。両社は共同で、リムパーザおよびセルメチニブを他の可能性のある新薬との併用療法および単剤療法として開発します。また、単独で、各社は各々のPD-L1 およびPD-1 薬との併用療法としてリムパーザおよびセルメチニブを開発します。


アストラゼネカについて
アストラゼネカは、サイエンス志向のグローバルなバイオ・医薬品企業であり、主にオンコロジー、循環器・代謝疾患、および呼吸器の3つの重点領域において、医療用医薬品の創薬、開発、製造およびマーケティング・営業活動に従事しています。また、炎症、感染症およびニューロサイエンスの領域においても、他社との提携を通じて積極的に活動しています。当社は、100 カ国以上で事業を展開しており、その革新的な医薬品は世界中で多くの患者さんに使用されています。詳細についてはhttp://www.astrazeneca.comまたは、ツイッター@AstraZeneca(英語のみ)をフォローしてご覧ください。日本においては、主にオンコロジー、循環器・代謝/消化器疾患、呼吸器疾患を重点領域として患者さんの健康と医療の発展への更なる貢献を果たすべく活動しています。当社についてはhttp://www.astrazeneca.co.jpをご覧ください。


MSDについて
MSDは1世紀以上にわたり、バイオ医薬品のグローバルリーダー企業として人々の生命を救い、生活を改善するために、世界で最も治療が困難な病気のための革新的な医薬品やワクチンの製造に取り組んできました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDは今も、がん、生活習慣病、新種の動物病、アルツハイマー病、HIVやエボラなどの感染病をはじめとして、世界中で人々の命やコミュニティを脅かしている病気の治療や予防のために、研究開発の最前線に立ち続けています。MSDの詳細については、弊社ウェブサイト(www.msd.co.jp)や FacebookYouTubeをご参照ください。