2018年

2018年

2018年3月23日

各位

MSD株式会社

オキサゾリジノン系合成抗菌剤「シベクトロ®」について


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下「MSD」)は、本日、製造販売が承認された※1オキサゾリジノン系合成抗菌剤の「シベクトロ®錠200mg」と「シベクトロ®点滴静注用200mg」(一般名:テジゾリドリン酸エステル、以下「シベクトロ®」)について、MSDが販売元となり、情報提供活動もMSDが単独で行うことになりましたのでお知らせいたします。なお、MSDによる情報提供活動は、準備が整い次第開始いたします。

本製剤は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を適応菌種とし、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染を適応症として、製造販売が承認されました。

MRSAは、メチシリンを始めとする多くの抗生物質に対して薬剤耐性を獲得した黄色ブドウ球菌で、主に接触感染で敗血症、感染性心内膜炎、皮膚軟部組織感染症などを引き起こします。病院内で検出される黄色ブドウ球菌のうち、MRSAの占める割合は全体の約半数※2を占め、院内感染の起炎菌の一つとして、大きな問題となっています。「シベクトロ®」は、オキサゾリジノン系の1日1回投与の新しい抗MRSA薬であり、今後のMRSA感染症治療の新たな選択肢の一つとなります。

MSDは、今後も患者さんと医療従事者の方々のニーズにお応えできるよう努めてまいります。

※1 バイエル薬品株式会社(本社:大阪市北区、社長:ハイケ・プリンツ)が製造販売承認取得
※2 院内感染対策サーベイランス(JANIS)検査部門 2016年年報より

以 上



MSDについて
MSDは1世紀以上にわたり、バイオ医薬品のグローバルリーダー企業として人々の生命を救い、生活を改善するために、世界で最も治療が困難な病気のための革新的な医薬品やワクチンの製造に取り組んできました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDは今も、がん、生活習慣病、新種の動物病、アルツハイマー病、HIVやエボラなどの感染病をはじめとして、世界中で人々の命やコミュニティを脅かしている病気の治療や予防のために、研究開発の最前線に立ち続けています。MSDの詳細については、弊社ウェブサイト(www.msd.co.jp)や FacebookYouTubeをご参照ください。