2016年

2016年

 

 

2016年7月19日

報道関係各位

MSD株式会社

MSD株式会社
「チャリティー・リレーマラソン東京2016」に協賛
被災地の課題解決のために行動する中学生へ社員からの寄付金を贈呈


MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン)は、7月17日に都内で開催された、「チャリティー・リレーマラソン東京2016」(主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会)に協賛、社員から寄せられた寄付金79万8千円を贈呈しました。

チャリティー・リレーマラソン東京は、東北被災地と東京の中学生による地域復興活動です。今年は、平成28年熊本地震で被災した熊本県高森町の2校が新たに参加し、リレー形式で都内コースを走り被災地復興活動のための支援を呼びかけました。マラソンコースの途中にあるMSD本社で開催した寄付金贈呈式では、代表生徒が寄付金活用案を発表、執行役員 メディカルアフェアーズ統括 リック・サイは「中学生の皆さんが、ふるさとの復興のため自ら考え、行動していることに深く感動しました。MSDも微力ながら支援を続け、応援していきたいと思います」と激励し、社員からの寄付金79万8千円の目録を授与しました。贈呈式は、MSD社員とその家族約50名の応援ボランティアにより行われ、総勢120名の中学生ランナーは応援団の声援を受け再びコースに走り出しました。

寄付金は、公益社団法人日本フィランソロピー協会を通じ、東北・熊本の参加校8校に均等配分され、中学生たちによる被災地の課題解決活動に使われます。

チャリティー・リレーマラソン東京2016  チャリティー・リレーマラソン東京2016

MSDは、CSRを成長戦略の一つに位置づけ、有給ボランティア休暇制度やボランティア活動機会の提供を通じ、社員のボランティア活動を奨励しています。また今年は、米国本社125周年を迎え、全世界の従業員で125,000時間のボランティア目標達成に挑戦しています。事業を通じた社会貢献に加え、社会との共生を目指して、今後も社員のボランティア活動をサポートしてまいります。


以 上


MSDについて
MSDは125年にわたりグローバルヘルスケアリーダーとして、すこやかな世界の実現を目指し努力してまいりました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jp や当社 FacebookYouTube をご参照ください。


<お問い合わせ先>
MSD株式会社 広報部門
〒102-8667 東京都千代田区九段北1-13-12 北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001  FAX :03-6238-9136


「チャリティー・リレーマラソン東京2016」

主催:公益社団法人 日本フィランソロピー協会
後援:文部科学省・復興庁・岩手県教育委員会・宮城県教育委員会・福島県教育委員会・
    東京都教育委員会・高森町教育委員会
協賛:EY Japan/新日本有限監査法人、MSD株式会社、クラシエホールディングス株式会社、
    株式会社ジェーシービー、トヨタ自動車株式会社、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)
    株式会社、三菱地所株式会社
日時:2016年7月17日(日) 9:00~16:00
コース:都内全長 約32km(日比谷国際ビル前スタート、築地本願寺ゴール)
参加校:東北・熊本被災地および都内の中学校 18校(東北6校、熊本2校、都内10校)
参加生徒:約120人


【東北・熊本被災地】
岩手県:大船渡市立日頃市(ひころいち)中学校/大船渡市立吉浜中学校
宮城県:石巻市立蛇田中学校/東北学院中学校/大崎市立古川中学校
福島県:いわき市立勿来(なこそ)第一中学校
熊本県:高森町立高森中学校/高森町立高森東中学校

【東京都内】
中央区立銀座中学校/墨田区立両国中学校/江東区立有明中学校/江東区立深川第一中学校/
江東区立深川第二中学校/練馬区立大泉中学校/東京学芸大学附属国際中等教育学校/
足立区立栗島中学校/調布市立第六中学校/八王子市立四谷中学校

「チャリティー・リレーマラソン東京2016」詳細情報http://www.philanthropy.or.jp/marathon/tokyo2016/