在宅自己注射に関するQ&A

在宅自己注射に関するQ&A

 

 

在宅自己注射に関するQ&A
ガニレスト®皮下注

ガニレスト®皮下注の在宅自己注射に関して、よくご質問いただく内容とその答えを紹介しています。

● 症状、治療の内容、副作用などの質問がある場合は、かかりつけの医療機関にお尋ねください。
● 本サイトに掲載されている内容以外の、注射の操作方法の詳細や、操作方法以外の
お薬に関する質問は、かかりつけの医療機関、もしくは下記へお問い合わせください。
MSD株式会社 MSDカスタマーサポートセンター
フリーダイアル:0120-024-964
受付時間: 9:00~17:30(土日祝日・当社休日を除く)


ガニレスト®皮下注

ガニレストM®皮下注

 

【注射前の準備】

  • Q1. 注射しようとしたら、押し子(プランジャー)が動きませんが、どうしたらよいですか?

    A1. 以下の操作を行ってください。

    <針キャップをはずしてない場合>
    ① 針キャップをつけたまま、一旦、押し子(プランジャー)を右に回しながらゆっくりと少しだけ引くと、注射筒(シリンジ)の中のピストンゴム(灰色)が動きだします。

    ガニレスト®皮下注
    (注1)強く引こうとするとピストンゴムから押し子(プランジャー)が抜けてしまうことがありますので注意して下さい。
    (注2)万が一押し子(プランジャー)が抜けてしまった場合には、ゆっくりと右回しでねじ込んで、ピストンゴムにもと通りに取り付けてください。

    ガニレスト®皮下注







    ② ピストンゴムが動いたことを確認できたら、針キャップをはずして、注射筒(シリンジ)内の薬剤のチェック(空気抜き)を行って下さい。


    <針キャップをはずしてしまった場合>
    ① 針キャップを外したまま、押し子(プランジャー)を押すのではなく、一旦、ゆっくりと少しだけ引くと、注射筒(シリンジ)の中のピストン(灰色)が動き出します。

    ガニレスト®皮下注
    (注1)強く引こうとするとピストンゴムから押し子(プランジャー)が抜けてしまうことがありますので注意して下さい。
    (注2)万が一押し子(プランジャー)が抜けてしまった場合には、ゆっくりと右回しでねじ込んで、ピストンゴムにもと通りに取り付けてください。
    (注3)押し子(プランジャー)を押すことができない場合は無理に押し込もうとしないで下さい。
    一気に薬液が飛び出すことがあります。

    ② ピストンゴムが動いたことを確認できたら、再度押し子(プランジャー)をゆっくり押して、注射筒内の薬剤のチェック(空気抜き)を行って下さい。
  • Q2. 薬剤のチェック(空気抜き)を行いましたが、まだシリンジ内に空気が残っています。どうしたらよいですか?

    A2. 再度、薬剤のチェック(空気抜き)を行ってください。

    ① 針先を上にして空気の泡が上がるようにシリンジを3~4回軽くはじきます。
    ガニレスト®皮下注
    ② その後、針先を上にした状態で押し子(プランジャー)を一度ゆっくり引き、注射針の中の薬液を注射筒(シリンジ)内に移します。
    ③ 再度ゆっくり押し子(プランジャー)を押して針先に薬液が1滴出てくるのを確認してください。
    その際に、押し子(プランジャー)を強く押しすぎると薬液が飛び出すので、ご注意ください。
    ガニレスト®皮下注

    (参考)小さな気泡が残っている場合

    小さな気泡は完全に抜くことが出来ない場合もあります。注射する際には針先が下になり気泡は押し子(プランジャー)側に移動するので体に入ることはないため、気泡が押し子(プランジャー)側に移動したのち、そのまま注射してください。
  • Q3. 薬剤のチェック(空気抜き)を行った際、薬液が漏れ出てしまいましたが、どうしたらよいですか?

    A3. 数滴程度であれば問題ありませんが、たくさん出た場合は、注射量が少なくなる可能性があります。ご心配な場合は、処方された医療機関に相談してください。

  • 【注射の方法】


  • Q4. 注射はどの部分に行えばいいですか?

    A4. へその下や太ももが注射に適した場所です。

    ガニレスト®皮下注

    (注)注射部位の腫れや痛みなどの発現頻度を低下させるために、注射する部位は毎回少しずつ変えてください。
  • Q5. 注射の際、皮膚はつまむのですか?

    A5. はい、皮膚をつまみ45°~90°の角度になるようにして、注射針を半分程度まで刺し込んでください。

    ガニレスト®皮下注

  • Q6. 皮膚をつまんで注射しますが、針はどのくらいまで刺せばいいのでしょうか?

    A6. 消毒した部分の皮膚をつまみ45°~90°の角度になるようにして、注射針を半分程度まで刺し込んで注射してください。

    ガニレスト®皮下注

  • Q7. 注射が指示された時間からずれてしまいましたが、どうしたらよいですか?

    A7. 気付いた時点で速やかに、主治医に連絡し、指示を仰いでください。

    (注射は指示された時間に行ってください。)
  • 【注射後】


  • Q8. 薬剤のチェック(空気抜き)を忘れて注射してしまいましたが、身体への影響はありますか?

    A8. ガニレスト®の注射は皮下注射です。正しく皮下注射されていれば、万が一微量の空気が皮下脂肪層に注射されても、身体へ大きな影響はないと考えられます。
    しかし、次回からは、忘れずに薬剤のチェック(空気抜き)を行い、必ず針先に薬液が出てくることを確認してから、注射するようにしてください。

  • Q9. 注射後、シリンジにまだ薬液が残っていますが、どうしたらよいですか?

    A9. 必要量が注射できていない可能性があります。処方された医療機関に相談してください。