骨粗しょう症の検査・診断

骨粗しょう症の検査・診断


骨粗しょう症かなと思ったら、一度病院で検査を受けましょう

もし骨粗しょう症かな?と思ったら、一度病院で検査を受けましょう。
病院で行う検査は痛みなどもなく、簡単に行うことができます。

骨粗しょう症の検査

病院では、下のような方法で骨量を測定し、骨粗しょう症かどうかを診断します。
検査はいずれも痛みがなく、簡単に行えるものです。

骨量の測定法

骨粗しょう症の診断基準

骨粗しょう症の診断は、若年成人(20~44歳)の骨量の平均値(YAM値)との比較によって行います。骨量がYAM値の70%未満であれば骨粗しょう症、70~80%であれば骨量減少と判断されます。骨量がYAM値の80%未満の人は注意が必要です。

骨粗しょう症の診断基準

骨粗しょう症と診断されたら治療が必要です

骨粗しょう症治療薬にはさまざまな種類があります。中でも骨が壊されるのを抑える薬は、骨密度を増加させ、骨粗しょう症による骨折を防ぐことができます。そのためには、お薬の服用を継続することが大切です。

骨粗しょう症の主な治療薬

骨が壊されるのを抑える薬

  • ビスフォスフォネート製剤
  • 選択的エストロゲン受容体作用薬
  • 女性ホルモン製剤

足りない栄養素を補う薬

  • ビタミンK2製剤
  • 活性型ビタミンD3製剤
  • カルシウム製剤

お薬を飲む以外に、毎日の生活でこんなことにも気をつけましょう

また、骨を丈夫にするためには、お薬を飲む以外に「適度な運動」「食事」「日光浴」なども重要です。


 
 

〔MSDマニュアル家庭版〕
骨粗しょう症
気になるキーワードリンク

MSDマニュアル家庭版

骨粗しょう症  腰痛 背中が丸くなる  閉経  カルシウム 健康診断 骨折予防 骨粗しょう症治療  骨密度   大腿骨頸部骨折  寝たきり防止

 
 

骨粗しょう症セルフチェック

年齢と体重によって骨の危険度をチェックすることができます。