骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは


骨祖しょう症について

寝たきりの原因にもなる骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨の量(骨量:こつりょう)が減り、骨がもろくなる病気です。閉経後の女性や高齢者に多く、我が国では近年の急速な高齢化に伴い、患者数は約1300万人と推定されています。
しかし、骨がもろくなるのは「老化」と考え、予防や治療を行わずに放置する場合が非常に多いとも言われています。骨粗しょう症を放置すると骨折の危険性が高まり、高齢者では骨折から寝たきりへとつながってしまうこともあります。
その為、未治療患者さんに適切な検査、治療を受けていただくために整形外科だけでなく、多くの内科、産婦人科の先生方が骨粗しょう症の診断や治療に取り組まれています。

骨粗しょう症は骨がスカスカになって折れやすくなる病気です

健康な骨には、網目状の構造をした"骨梁(こつりょう)"がぎっしり詰まっています。ところが、骨粗しょう症になるとこの骨梁が細くなったりおれたりして、スカスカでもろい骨になってしまいます。
健康な人と骨粗しょう症の人の骨では一目瞭然ですね。

骨粗しょう症は骨がスカスカになって折れやすくなる病気です

骨はつねに「壊す」「造る」を繰り返しています

では、なぜ骨が減ってしまうのでしょうか。
実は、骨というのは一度作られたらおしまいではなく、古くなった骨を壊して新しい骨を造るということが常に繰り返されています。
この、骨を壊す作用を「骨吸収」といって、骨を壊す細胞を「破骨細胞」といいます。
そして骨を造る作用を「骨形成」といって、骨を造る細胞を「骨芽細胞」といいます。
骨は、骨吸収と骨形成を繰り返すことによって新しく造り変えられ、その強さと健康を維持しています。

骨代謝のしくみ

「壊す」と「造る」のバランスが崩れると骨の量が減ってしまいます

ところが、この「骨吸収」と「骨形成」のバランスが崩れて、骨を壊す「骨吸収」 のスピードが、骨を造る「骨形成」よりも速くなってしまうと骨の量が減ってしまうのです。

骨の量が減ってしまう原因

骨祖しょう症とは


 
 

〔MSDマニュアル家庭版〕
骨粗しょう症
気になるキーワードリンク

MSDマニュアル家庭版

骨粗しょう症  腰痛 背中が丸くなる  閉経  カルシウム 健康診断 骨折予防 骨粗しょう症治療  骨密度   大腿骨頸部骨折  寝たきり防止

 
 

骨粗しょう症セルフチェック

年齢と体重によって骨の危険度をチェックすることができます。