骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは


骨祖しょう症と骨折

骨粗しょう症になるとちょっとした衝撃でも骨折しやすくなります

骨粗しょう症になると、くしゃみや布団の上げ下ろしなどの日常動作や、転んだ時の衝撃などでも骨折することがあります。特に骨折しやすいのは背骨、手首、太ももの付け根の3箇所です。

大腿骨頸部(太ももの付け根)骨折の患者さんは年々増えています

寝たきりの原因になりやすい太ももの付け根の骨折は、
男女ともに年々増えています。特に女性の増加が目立ち、2007年には5年前より2万4,200人増え、14万8,100人と推計されました。

日本の大腿骨頸部骨折推定発生数

骨折・転倒は介護が必要になる主な原因の1つです

骨折・転倒は「介護が必要になる原因」の上位を占めています。特に太もも付け根を骨折すると、歩けなくなり、そのまま寝たきりになることがあります。

介護が必要になる主な原因

骨祖しょう症とは


 
 

〔MSDマニュアル家庭版〕
骨粗しょう症
気になるキーワードリンク

MSDマニュアル家庭版

骨粗しょう症  腰痛 背中が丸くなる  閉経  カルシウム 健康診断 骨折予防 骨粗しょう症治療  骨密度   大腿骨頸部骨折  寝たきり防止

 
 

骨粗しょう症セルフチェック

年齢と体重によって骨の危険度をチェックすることができます。