骨粗しょう症

骨粗しょう症


 
 

骨粗しょう症の薬物療法

骨が壊されるのを抑える薬

骨粗しょう症の薬には、大きく分けて2つの種類があります。
代表的な薬の1つは、「骨が壊されるのを抑える薬」です。骨粗しょう症では破骨細胞(はこつさいぼう)が骨を壊し過ぎて骨芽細胞(こつがさいぼう)が骨を作るのが追いつかなくなりますが、「骨が壊されるのを抑える薬」は、破骨細胞(はこつさいぼう)を抑えることで骨を壊されにくくして、骨を強くします。

骨が壊されるのを抑える薬