骨粗しょう症

骨粗しょう症


 
 

骨粗しょう症の食事療法・運動療法

骨にいい食事

骨を強くするためには、食事や運動などの生活習慣の改善も重要です。
「骨にいい食事」とは、カルシウムやビタミンDをしっかり摂ることができる食事です。

カルシウムを多く含む食品:50歳以上の女性の1日におけるカルシウムの必要量は550mg、推奨量は650mgです。骨粗しょう症治療のための推奨量は、1日700~800mgです。

骨にいい食事

ビタミンDを多く含む食品:50歳以上の女性の1日における摂取の目安量は、5.5μgです。

骨にいい食事日本人の食事摂取基準(2015年版)厚生労働省
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版 2015;ライフサイエンス出版より作成