糖尿病とは

糖尿病とは


【監修】天理よろづ相談所病院 内分泌内科

部長 石井 均

糖尿病の歴史

人類における糖尿病の歴史は、はるか古代エジプト時代に遡ります。紀元前1550年頃のパピルスに「多尿」などの記載がみられ、その時代、すでに糖尿病が存在していたことを物語っています。また、古代インドのサンスクリット医学書には「尿中に蜜が出る疾患」などの記載があり、中国やインドでは糖尿病患者の尿が甘いことが古くから知られていました。一方、日本では、今から約1,000年前の平安時代に、藤原道長が糖尿病であったことを疑わせる記録が残っています。

糖尿病とは

糖尿病とは、ホルモンの一種であるインスリンの作用が不足することによって、慢性的に血糖値が上昇する(血糖値が高い状態が持続する)病気です。インスリンは膵臓のランゲルハンス島β細胞で作られ、常に少量が血液中に分泌される「基礎分泌」と、食事摂取による血糖値上昇に伴い分泌量が増える「追加分泌」があり、肝臓や筋肉、脂肪組織などに働いて血糖値を低下させます。インスリンの作用が不足する主な原因は、

(1)膵臓からのインスリン分泌の低下

(2)膵臓からのインスリン分泌はあるものの、肝臓や筋肉でのインスリンの働きが悪くなるインスリン抵抗性の存在が挙げられ、(1)および(2)の両方であることもあります。

糖尿病は、初期の頃は自覚症状がほとんどないため、健康診断などを定期的に受け、血糖値の上昇を早期に発見することが必要です。自覚症状として、口渇、多飲、多尿、体重減少などが現れてきたときには糖尿病は既に進行しており、多くの場合、中等度以上の高血糖が長期間続いている状態です。

糖尿病の分類

糖尿病は、成因(発症機序)から分類すると、(1)1型、(2)2型、(3)その他の特定の機序、疾患によるもの、(4)妊娠糖尿病の4つに大きく分類されます。わが国の糖尿病の90%以上を(2)の2型が占めています。

成因による分類 特徴
(1)1型 膵臓のβ細胞が破壊されることにより、インスリンが分泌されなくなり発症します。インスリンが絶対的に不足している状態です。
(2)2型 インスリン分泌の低下やインスリン抵抗性によってインスリン作用が不十分になった状態です。発症には家系などの遺伝要因や生活習慣などの環境要因が密接にかかわっており、いくつもの要因が重なり合って発症すると考えられています。
(3)その他特定の型 内分泌系の病気や膵臓、肝臓の病気、ある種の薬剤、遺伝子異常などが原因で発症する糖尿病です。
(4)妊娠糖尿病 妊娠中に初めて見つかる軽い糖代謝異常を、妊娠糖尿病といいます。(明らかな糖尿病は「妊娠糖尿病」には含めません)

 
 

インクレチンインフォ

インクレチンインフォ

糖尿病に関する基礎情報や動画によるエクササイズの説明、糖尿病とインクレチンに関する様々なコンテンツをご用意し、糖尿病に関する情報をご提供します。

 

〔MSDマニュアル家庭版〕
糖尿病
気になるキーワードリンク

MSDマニュアル家庭版

糖尿病  DPP-4阻害剤  低血糖  β細胞保護  高血糖  HbA1c 境界型 特定保健指導 特定健康診断 インスリン注射 経口糖尿病薬 副作用 足壊疽 食事 運動 血糖値 尿糖 インクレチン  インスリン  グルカゴン ヘモグロビンA1c 検査  食事療法  運動療法 行動療法 体重コントロール 体重増加空腹感 消化器症状 血糖コントロール QOL 服薬 糖尿病合併症  網膜症  腎症  神経障害

 

糖尿病とインクレチン
小冊子はこちらから

糖尿病とインクレチン小冊子はこちらから
 

糖尿病の運動療法

エクササイズで血糖DOWN
多数動画をご用意しております

糖尿病の運動療法