C型肝炎

C型肝炎


 

C型肝炎

C型肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。

初期にはほとんど症状はありませんが、放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進行しやすいことが知られています。現在わが国には100人に1~2人の割合で、C型肝炎の患者さん、あるいは本人も気づいていないC型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)がいると推測され、“21 世紀の国民病”とまでいわれています。

C型肝炎 新しい治療、新しい可能性

C型肝炎の正しい知識
(c-kan.net)

C型肝炎についての情報を掲載しています。

感染症のお薬情報

感染症に処方されるお薬の情報がご覧いただけます。

感染症のお薬情報