脂質異常症

脂質異常症


Question

じつは、日本において脂質異常症患者数は
年々増加している?

Answer

2014年の調査では、継続的に脂質異常症の治療を受けている推計患者数が、1996年にくらべ、2倍以上に増加していました。

脂質異常症の総患者数の推移

※ 2007年に日本動脈硬化学会では「高脂血症の診断基準」を「脂質異常の診断基準」とし、動脈硬化性疾患リスクの高い集団のスクリーニングの診断基準としてLDLコレステロール値140mg/dLを採用。総コレステロール値については除去された。
総患者数とは、継続的に脂質異常症の治療を受けている者の数を推計したもの。

厚生労働省/国民健康栄養調査報告および総務省/人口統計
平成8(1996)年-平成26(2014)年 厚生省・厚生労働省 患者統計