うつ病、うつ状態の治療

うつ病、うつ状態の治療


うつ病の治療はどのように行われるのですか?

抗うつ薬などによる「薬物療法」と「休養」を2 本柱として、必要であればその他の治療法も組み合わせて行われます。

うつ病は、脳の中にある神経伝達物質の働きにまで異常を来している“病気”なので、「気の持ちよう」だけで治すことはできません。うつ病治療には、神経伝達物質のバランスを改善し、機能を回復させるきがある「抗うつ薬」と呼ばれるお薬などが必要になります。

また、うつ病を治療する上で「十分に休養をとること」も欠かせません。なぜなら、うつ病になると判断能力や物事の処理能力が落ちてしまうため、普段なら簡単にできることができなかったり、いつもより何倍もの労力が必要になったりして、心身ともにとても疲れた状態になってしまっているからです。

このため治療は、薬物療法で神経伝達物質のバランスの正常化をはかりながら、時間をかけて心身ともに休養し、元気が出てくるのを待つことを基本とします。また必要に応じて、心理療法や環境調整などもあわせて行われることもあります。

うつ病の治療に用いられる抗うつ薬には、さまざまな種類があります。医師は、患者さん一人ひとりの症状に合わせ、効果と副作用のバランスをみながら患者さんに合ったお薬の種類と量を見極めていきます。

お薬は医師に決められた通りに、正しく服用してこそ十分な効果が得られ、安全性も高まります。自分でよくなったと思っていてもまだ本調子ではないことも多いのです。自己判断で急に服用を中止したりすると、症状がかえって悪化したり、うつ病をこじらせる原因になったりします。医師の指示を守って服用し、少しでも心配なことがあれば、医師や薬剤師に相談しましょう。

注意

うつ状態とは逆に非常に元気が出過ぎるような状態(躁状態)の経験があった患者さんには、抗うつ薬とは別のグループのお薬が必要となります。普段よりもひどく気分が高ぶって上機嫌になったり、睡眠時間が少なくても元気にバリバリと活動できるということがあった方は、そのことを必ず医師に伝えるようにしてください。

うつ病、うつ状態の治療