高齢者うつ

高齢者うつ


【シニアのこころケア】プロジェクトについて

「シニアのこころケア 高齢者うつ <きづき> プロジェクト」に関するご紹介です。

シニアのこころケア高齢者うつ<きづき>プロジェクトとは?

高齢者のうつ病は、ご本人や家族が「年のせい」と諦めてしまったり、「認知症」と混同することもあり、見逃されてしまうことが少なくありません。
その結果、適切な治療があるにも係わらず、治療を受けていない患者さんや、重症化してしまう患者さんが多くいるのが「高齢者うつ」の現状です。
私たちは、「高齢者うつ」に対する誤った思い込みや知識を、少しでも正しい知識と理解につなげ、「早期受診と早期の治療」を実現するためのプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

このプロジェクトのキーメッセージは「きづき」。

ご自身が、そしてご家族や周りの方々が「なんとなくいつもと違う」といった小さな変化に気づくことが全てのはじまりです。この「気づき」を大切にしながら、私たちは、ひとりでも多くのシニアの皆さまの笑顔が戻ることを願っています。

はじまりは、小さな変化です。まずは気づくことから。老化とは違う、高齢者のうつ。高齢者うつは、治療できる病気です。早期受診と早期の治療を。

プロジェクトロゴについて

ご本人も家族も、誰もができる治療のはじまりは、いつもと違う小さな変化を見逃さずに気づくこと。「気づき」はご自身やご家族に少しだけ優しくなることかもしれません。そうした優しさをもった「気づき」は、こころのケアにつながり、そこにはきっと笑顔があるでしょう。その優しさと笑顔を私たちの想いとしてロゴに込めました。