うつ病、うつ状態とは

うつ病、うつ状態とは


うつ病とはどのような病気ですか?

強いうつ状態が長く続き、日常生活に支障を来してしまうような病気です。

日常生活の中で、嫌なことやがっかりすることがあれば、気持ちが沈んで元気も出なくなる、ということは誰もが経験することです。しかし多くの場合、たとえ気分が落ち込んだとしても、何か楽しいことがあればその時だけでも気が紛れたり、時間が経ってがっかりさせられた原因が解消されたりすると、自然に気が晴れてくるものです。こういった誰もが経験する、“一時的で、日常生活に支障を来さない気分の落ち込み”は、『うつ病』とはいいません。

うつ病での『うつ状態』というのは、“物事に対する関心や取り組む意欲が失せて何もする気が起こらない状態が一日中ずっと、ほとんど毎日、2週間以上にわたって続いた状態”をさします。また、「眠れない」「食べられない」などさまざまなつらい症状も伴うため、日常生活に大きな支障を来したりするようになります。

うつ病は、誰にでも起こりうる病気です。厚生労働省の調査(平成14年度)によれば、わが国では20歳以上の人の約7.5%( およそ13人に1人)が、その調査の時点までに、一度はうつ病を経験したことがある、と報告されています。世界でも人口の3~5%の人がうつ病だといわれており、この数字をあてはめると日本でも600万人以上の人がうつ病にかかっていると考えられます。しかし、実際に治療を受けている人は、そのうちの25%程度とされることから、うつ病患者さんの4人に3人は適切な治療を受けていないというのが実情のようです。また、うつ病に悩む人の多くは、専門の精神科ではなく、まずは、一般の内科などを受診しているという調査結果もあります。

うつ病は早期に発見して適切に治療すれば、十分に治りうる病気です。このため、患者さん本人や周囲の人が早く気づいて、専門家による適切な治療を受けることが大切です。

注意

うつ病には、いわゆる“うつ状態”のみが現れる『単極性うつ病』だけではなく、非常に元気が出過ぎるような“躁状態”も現れる『双極性障害』と呼ばれるタイプもあります。この『双極性障害』は、治療方法が異なりますので“、躁状態”を経験された方は、必ず医師に伝えるようにしてください。

うつ病、うつ状態とは