うつ病、うつ状態とは

うつ病、うつ状態とは


うつ病になるとどのような症状が出るのですか?

憂うつな気分や興味の低下といった精神的な症状に加え、「眠れない」「食べられない」「疲れやすい」といった身体的な症状も現れ、今までの自分とは変わってしまったと思うような状態になります。

気持ち・行動の変化(精神症状)

何をしても気分が晴れない【抑うつ気分】、今まで好きだったことが楽しめない【意欲・興味の減退】、あるいは仕事に集中できずミスが増える【仕事能率の低下】、悲観的な考えが頭の中をぐるぐる駆け巡る【不安・取り越し苦労】、さらにはイライラしてじっとしていられない【焦燥感】といった状態になります。また、「このまま消えて、いなくなりたい」「死にたい」という思いが強まる【希死念慮】もあります。

からだの変化(身体症状)

夜ぐっすり眠れない(※)・朝早く目が覚める【睡眠障害】、食事が美味しくない・食べられない(※)【摂食障害】、あるいは疲れやすくて身体もだるい【疲労・倦怠感】、性欲が低下する【性欲低下】、といった状態になったり、首・肩のコリや頭重・頭痛などの症状が現れたりします。
※逆に極端に眠り過ぎたり、食べ過ぎたりしてしまう、という症状が現れることもあります。

「死にたいという気持ちになる」ことも含めて、これらはいずれもうつ病になったために現れる“症状”なのです。このような症状は、適切な治療をすることによって徐々によくなっていきます。

うつ病の主な症状

気持ち・行動の変化(精神症状)

  • 気が沈む。気が重い。
  • 今まで好きだったことが楽しめない。
  • テレビを見ても、音楽を聴いても楽しくない。
  • 特に朝方は無気力で、何もする気が起こらない。
  • 仕事の能率が上がらず、何をするのもおっくう。
  • 人との会話・議論に集中できない。
  • イライラしてじっとしていられない。
  • お酒の量が増える。
  • ボーッとして事故やケガをしやすい。
  • 自分の人生がつまらなく感じる。
  • このまま消えていなくなりたいと感じる。

からだの変化(身体症状)

  • 夜ぐっすり眠れず、朝早く目が覚める。
  • 食事が進まず、美味しいと感じられない。
  • 疲れやすく、身体がだるい。
  • 首すじや肩がこって仕方がない。
  • 頭が重い感じがする。頭が痛い。
  • 息がつまって、胸苦しい。
  • ノドの奥に物がつかえている感じがする。
  • 性的な関心がうすれ、性欲が低下する。

うつ病、うつ状態とは