キャリア採用者のメッセージ


 
 

キャリアをきっかけに、
チャンスをつかむ

  • 財務部門マネジャー  深谷 育代
  • キャリア採用で入社、ファイナンス部門のマネジャーとして活躍

それぞれのキャリアを活かして

キャリア採用者が多く、各自が過去の経験を活かしながら、いきいきと働いている会社です。互いを尊重し合い、仕事上でのプロフェッショナルな関係を築くことができる外資系企業の良さと、互いを思いやり助け合おうとする日本企業の家庭的な雰囲気をあわせ持った会社ですね。予算担当として他部署の方と接する機会が多いのですが、皆さんとても協力的で、一緒に仕事をするのが楽しいです。

現場への感受性とバランス感覚を大切に

予算の仕事をする上で、グローバルやマネジメントの戦略を理解するのはもちろんのこと、現場で起きていることへの感受性はとても大切です。数字は多くのことを語りかけてきますが、その数字の裏で実際に何が起きているのかということは、現場の声に耳を傾けないとわからないこともたくさんあります。それらの数字の裏にある現実をしっかり受けとめることが非常に大切ですし、一方でそれに流されてしまってもいけないわけです。ファイナンスとしての客観性を保ちつつ、会社が継続的に成長し、社会に貢献していくために最適な道を見つけていくことが大切だと思います。

ファイナンスの伝道師として

以前、“ファイナンスの伝道師”として、社内の様々な部署で説明会をしてまわったことがありました。予算の本質とは何かということを、皆さんに一緒に考えていただくためです。予算は、単なる数字ではなく、「戦略に基づいて、それぞれに合意された活動計画を数字で表したもの」です。年初に皆さんと約束したものが予算で、それを達成するために策を打ったり再考を重ねたりしながら、戦略実行をサポートしていくのが私たちファイナンスの仕事です。計画に沿って戦略を実行していくプロセスは、信頼を得ていくプロセスそのものだというメッセージもお届けしました。いろいろな質問もいただいて、私たちもとても勉強になりましたね。

生命関連企業としての誇りが、迷った時に立ち返る場所

製薬会社の仕事は、生命という人間の根幹に深く結びつくものだと思います。仕事で何か辛いことがあっても、誇りを持って立ち返るべき場所があるということは、とてもありがたいことですね。グローバルカンパニーとしてのチャレンジやチャンスも豊富な会社ですから、キャリア採用の方には、そうした様々なチャンスをつかんでいってほしいと思います。

予算を通じて、皆さんと一緒に将来の戦略を立てていきます。皆さんが目標を達成して喜んでいる姿を見る時、一番のやりがいを感じます。


 
 

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせはこちら